ほんのむし

読書はみんなのサプリ

読書

【アメトーーク】光浦靖子さんのおすすめ本 

お笑い芸人さんだから、もっとはっちゃけた生活をされているのかなと勝手に想像していましたが、実は光浦靖子さんは手芸や読書が好きな文科系女子の代表。以前バラエティ番組で冷蔵庫にある食材で手早くおいしそうな料理を作っているのを見てからすっかり女…

【子供の本棚 作り方】子どもの本棚をつくるブックガイド

自分の子どもに読み聞かせをしている方、読み聞かせボランティアをされている方におすすめの子どもの本棚をつくるためのブックガイドを紹介いたします。 一人に読み聞かせをするなら、その子の興味や好きなジャンルがわかりやすいですが、大勢の子どもたちが…

【小学生 人気】小学生に人気のシリーズ本

小学生のお子さんがいらっしゃる社会人の方、小学校の先生や塾講師など、小学生と接する機会の多い方にオススメのシリーズ本をご紹介します。どの本も子供たちに人気があります。 「おしりたんてい」シリーズ おしりたんてい カレーなる じけん (おしりたん…

【読書法 本 おすすめ】速読や多読など。Amazonランキングでも上位の読書術。

趣味は読書という方がだんだん少なくなってきたこの頃。どうして本を読むのかと他人から聞かれたときに、どうしてだろう?と思ったことはありませんか。読書の意味といわれても、昔から読書に親しんできた人にとっては生きている意味と同じくらいわけがわか…

【ミヒャエル・エンデ おすすめ本】「モモ」だけじゃない。大人のためのミヒャエル・エンデ書籍作品

「モモ」や「はてしない物語」など児童文学作家として有名なドイツ人作家、ミヒャエル・エンデ。 発表された児童書は大人が読んでも奥が深く、子供のころ読んだときよりも改めて感じさせられるものがあるという作品ばかりです。異世界へいざなってくれるファ…

【日記本 おすすめ】人気の日記本まとめ。有名人の生い立ちや考えがリアルに伝わる。

現代ではSNSやブログで自分の日記を公開する方も多いでしょうが、日記は本来自分だけのもの。誰にも読まれない前提だからこそ素直に自分の心のうちをさらけだすことができるのです。 ブログやSNSでも「読まれること前提」にしたものはノンフィクションとして…

【読書の秋 おすすめ 本】読書の秋に読みたい児童書。子どもにおすすめ。

食べ物の秋、スポーツの秋、芸術の秋、そして読書の秋。素敵なひとときを過ごすための秋の夜長にぴったりの児童書を紹介いたします。 優しいことばにあふれた児童書は、夏の疲れを癒す最高の心の滋養となるでしょう。ひとりで想いにふけってページをめくるの…

【読み聞かせ 卒業 本】幼稚園、保育園を卒業した子におすすめ書籍

就学前の幼稚園や、保育園の時期に読み聞かせの習慣をつけるのはとても良いことですね。そんな読み聞かせも、いずれは物足りなくなり自分で読みたくなる時期が訪れます。そんなときにオススメの本をご紹介します。 『大きい1年生と小さな2年生』 大きい1年…

【ヴィレッジヴァンガード 本 おすすめ】「ビレバン」で人気のおすすめ書籍。プレゼントにも最適。

ユニークな本屋さん、ヴィレヴァン。 雑貨や食料品のほかにも、にぎやかなポップで彩られたヴィレッジバンガードの本は、どれも手に取りたくなってしまいます。 興味あるジャンルごとに分類されているのも面白く、ベストセラーや人気本というわけではないけ…

【壁を乗り越える 本 おすすめ】自分の殻を打ち破る、おすすめ書籍。

子供たち、特に男の子の世界では、それまでの自分の殻を打ち破って成長していかなければいけない時が来るものです。怖い、でも乗り越えなきゃ大人にはなれない、そんなときに勇気づけてくれる3冊をご紹介します。 『オリバー、世界を変える!』 オリバー、世…

【動物 子供 本】動物と関わることによって子供は成長する。

ペットは家族の一員ですと言う家庭は多いですね。人間以外の他者と交わることで学ぶこともあります。今回ご紹介する本は特に子供たちと動物の関係性を描いた物語です。 『ぼくのネコにはウサギのしっぽ』 ぼくのネコにはウサギのしっぽ (学研の新しい創作) …

【小学生 思い出 本】懐かしさを感じたい時に。ほろ苦いような記憶を思い出せる書籍。

小学校時代を思い起こしてみると、そこには自分の無力さや、無知から思い知らされる絶望があったような気がします。そんな中でも自分なりに誰もが一生懸命過ごしていたのではないでしょうか。そんなほろ苦いような思い出を振り返ってみたくなる3冊を紹介し…

【読書の習慣 子ども 本】読書習慣を身につける。おすすめのシリーズ人気書籍。

小学校に入学後、字を覚え始めた子どもに本を読ませたいけれど、図書館や書店で探してもどんな本を読ませたらいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。 絵本では物足りない、分厚い児童書はまだ難しすぎる、教育にも役立つような本がいいなど、そん…

【チームワーク おすすめ 本】「one for all」の意味がわかる。小学生に読んでほしい書籍。

みんなは一人のために、一人はみんなのために。これはラグビーから生まれた明言です。チームワークを高めて勝利に向かうのが元々の目的の言葉ですが人生全般、特に友人関係にぴったり当てはまる言葉ではないでしょうか。そんな友達とは何かを伝えてくれる本…

【東大生協 書籍部 おすすめ】東大生協で人気のノンフィクション作品

優秀な頭脳に磨きをかけるために、東大生も読書を欠かさないそうです。 今回は、ビジネスや生活に応用できそうなノンフィクション作品を集めました。現役大学生の方にもおすすめの本です。 理科系の作文技術 理科系の作文技術 (中公新書 (624)) 木下 是雄(著…

【芦田愛菜 本 おすすめ】NHKで紹介された、女優 芦田愛菜のおすすめ小説

ドラマの主題歌を天真爛漫な子どもらしさで歌って踊っていた芦田愛菜ちゃん。いつも純真な笑顔を振りまき、芸能界に染まっていないようなピュアさが好印象です。 私生活には有名私立中学に通う才女。愛菜ちゃんのような利発な少女に育てるには読書の習慣は必…

【読書好き おすすめ 本】本好きによる、本好きのための本。本好きにあなたもなる。

読書が好きな人は、本を読んでいるその瞬間だけではなく、本選びをしているときもドキドキワクワクしているもの。同じ本でも、読むときによって感想が変わったり、まさに今このタイミングで読みたかったという「運命の一冊」に出会ったり。 読書は人生の糧と…

【衝撃 本 おすすめ】衝撃的な児童書。読書のきっかけになる、インパクトのある内容。記憶に残る。

子どものころから読書が好きで、いろんなジャンルの本を読んできましたが、大人になっても心に残っている児童書を紹介いたします。悲しいとか辛いという気持ちではなく、目の前にまるで稲妻が走ったような気持ちになりました。 大人になり、その本をずっと手…

【初々しい 恋愛 おすすめ小説】過ぎ去った少年・少女期に想いを馳せる本

誰にでもあった幼かったころ。大人にもなりきれない、かといって子どもでもない多感な時期。繊細で美しく、一瞬のきらめきがあった少年・少女期。 そんなあの頃に想いを馳せるような初々しい小説を紹介いたします。懐かしい想い出に浸るのも、あの頃の自分に…

【たくましい女性 特徴】たくましい女性が登場する小説。おすすめ本まとめ。

かよわく儚げ、守ってあげたいタイプの女性も良いけれど、活発で困難に立ち向かっていくたくましい女性が好きという方もいらっしゃいます。肝っ玉母さんなんて言葉もある通り、本来女性はたくましく強い存在なのかもしれません。 今回は、たくましい女性が登…

【教訓 本 おすすめ】ファンタジーの中に人生の教訓を見つけよう。

フィクションの中でも、思いっきりフィクションであろうというファンタジー小説。この創作の中に青春時代の悩み、解決方法が意外に詰まってるんですよ。そんな人生の指針にもなってくれそうな小説を紹介しましょう。 『見習い幻獣学者ナサニエル・フラッドの…

【痛み メカニズム 本】本当の「痛み」とは何か。小説から読み解いてみる。

悲しいことがあると胸がしめつけられるように痛む。事故や怪我、病気によって身体が痛む。 痛みというのは人間にとって不快なものですが、一方で危険を知らせる大切な役割があります。乗り越えられる急性の痛みもあれば、慢性的に悩んでいた痛みも人との触れ…

【心温まる 絵本】心温まるプレゼントにおすすめ本。言葉、メッセージが秀逸。

人は贈り物をするとき、なんでワクワク心が温かくなるのでしょう。それは、もらった人が喜ぶ顔を想像するからでしょうね。中でも小さい子供が相手のことを想像しながらプレゼントを用意するお話は、読んでるこちらも幸せになってきますね。そんな幸せのおす…

【読み聞かせ 本の選び方】読み聞かせの定番作品といえば。おすすめ本まとめ。

人が読書好きになるかどうかは、小さい頃の読み聞かせ習慣にあるという説があります。親と子が親密に触れ合え、共同体験をするという意味ではこれ以上はない習慣ですね。そんな読み聞かせにバッチリのおすすめ本を紹介します。 『のはらクラブのこどもたち』…

【詩 入門書 おすすめ】たまには詩を味わってみませんか

読書好き、活字中毒、本の虫、など、本が好きな人はいろいろな呼ばれ方をしていますが意外と読んでいない分野に“詩”があります。もしかしたら人生の何割かを損してるかもしれませんよ。 『いちねんせい』 いちねんせい 著・谷川俊太郎この本に載っている23の…

【読み応えのある小説】おすすめ長編小説。冒険物語を求めている人へ。

現代では、ある物語に出会うときに、映画であったりマンガであったりいろいろなメディアが出会いの手伝いをしてくれます。そんな出会いが後々考えたら、“あのときあれに出会っていなかったら”という運命の出会いになることもあるのです。そんなキッカケにな…

【国際化 本】グローバル社会の本質が理解できる、おすすめ本。「国際化=英語教育」ではない。

グローバリズム社会が提唱されたものの、現在ではあちこちでほころびが出始め、見直しが迫られています。そんな現代社会だからこそ、個々の国の文化を再評価し、その上で国際化すべきではないかという意見が出てきています。そんな大上段からのテーマではな…

【こびと 本】映画化された小人作品の原作。おすすめ小説まとめ

小さい頃に、もしも小人になれたら素敵だろうなって想像したことはありませんか。小説の世界なら何でも可能なので、そういう小人の物語というのはいくつかあります。そんなお話の中でも映画化されてメジャーな作品を紹介してみますね。 『ガリヴァー旅行記ヴ…

【転職 本 おすすめ】「仕事をやめたい」人へ。30代、第二新卒に本当におすすめしたい本50選。

仕事をやめたい、転職をしたい。 そんな時におすすめの転職本や面接本ばかり探してませんか? 今回はそんな時だからこそ、 読んで欲しいおすすめビジネス本を紹介します。 もっと視野を広く、何がやりたいのか、どう働きたいのかを見つけてみませんか? 1.仕…

【魔女 本】悪い魔女に敢然と立ち向かうお話。おすすめ。

魔女の宅急便や、ハリーポッターシリーズなど、旧来の魔女、魔法使いのイメージとは違い身近な存在として魔女を描いた作品がありますが、やはり魔女というものはドロドロしてて、これぞ悪!っていう方がしっくりくるな。そんな魔女を求めている方にオススメ…

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy