ほんのむし

読書はみんなのサプリ

読書

【芦田愛菜 本 おすすめ】NHKで紹介された、女優 芦田愛菜のおすすめ小説

ドラマの主題歌を天真爛漫な子どもらしさで歌って踊っていた芦田愛菜ちゃん。いつも純真な笑顔を振りまき、芸能界に染まっていないようなピュアさが好印象です。 私生活には有名私立中学に通う才女。愛菜ちゃんのような利発な少女に育てるには読書の習慣は必…

【読書好き おすすめ 本】本好きによる、本好きのための本。本好きにあなたもなる。

読書が好きな人は、本を読んでいるその瞬間だけではなく、本選びをしているときもドキドキワクワクしているもの。同じ本でも、読むときによって感想が変わったり、まさに今このタイミングで読みたかったという「運命の一冊」に出会ったり。 読書は人生の糧と…

【衝撃 本 おすすめ】衝撃的な児童書。読書のきっかけになる、インパクトのある内容。記憶に残る。

子どものころから読書が好きで、いろんなジャンルの本を読んできましたが、大人になっても心に残っている児童書を紹介いたします。悲しいとか辛いという気持ちではなく、目の前にまるで稲妻が走ったような気持ちになりました。 大人になり、その本をずっと手…

【初々しい 恋愛 おすすめ小説】過ぎ去った少年・少女期に想いを馳せる本

誰にでもあった幼かったころ。大人にもなりきれない、かといって子どもでもない多感な時期。繊細で美しく、一瞬のきらめきがあった少年・少女期。 そんなあの頃に想いを馳せるような初々しい小説を紹介いたします。懐かしい想い出に浸るのも、あの頃の自分に…

【たくましい女性 特徴】たくましい女性が登場する小説。おすすめ本まとめ。

かよわく儚げ、守ってあげたいタイプの女性も良いけれど、活発で困難に立ち向かっていくたくましい女性が好きという方もいらっしゃいます。肝っ玉母さんなんて言葉もある通り、本来女性はたくましく強い存在なのかもしれません。 今回は、たくましい女性が登…

【教訓 本 おすすめ】ファンタジーの中に人生の教訓を見つけよう。

フィクションの中でも、思いっきりフィクションであろうというファンタジー小説。この創作の中に青春時代の悩み、解決方法が意外に詰まってるんですよ。そんな人生の指針にもなってくれそうな小説を紹介しましょう。 『見習い幻獣学者ナサニエル・フラッドの…

【痛み メカニズム 本】本当の「痛み」とは何か。小説から読み解いてみる。

悲しいことがあると胸がしめつけられるように痛む。事故や怪我、病気によって身体が痛む。 痛みというのは人間にとって不快なものですが、一方で危険を知らせる大切な役割があります。乗り越えられる急性の痛みもあれば、慢性的に悩んでいた痛みも人との触れ…

【心温まる 絵本】心温まるプレゼントにおすすめ本。言葉、メッセージが秀逸。

人は贈り物をするとき、なんでワクワク心が温かくなるのでしょう。それは、もらった人が喜ぶ顔を想像するからでしょうね。中でも小さい子供が相手のことを想像しながらプレゼントを用意するお話は、読んでるこちらも幸せになってきますね。そんな幸せのおす…

【読み聞かせ 本の選び方】読み聞かせの定番作品といえば。おすすめ本まとめ。

人が読書好きになるかどうかは、小さい頃の読み聞かせ習慣にあるという説があります。親と子が親密に触れ合え、共同体験をするという意味ではこれ以上はない習慣ですね。そんな読み聞かせにバッチリのおすすめ本を紹介します。 『のはらクラブのこどもたち』…

【詩 入門書 おすすめ】たまには詩を味わってみませんか

読書好き、活字中毒、本の虫、など、本が好きな人はいろいろな呼ばれ方をしていますが意外と読んでいない分野に“詩”があります。もしかしたら人生の何割かを損してるかもしれませんよ。 『いちねんせい』 いちねんせい 著・谷川俊太郎この本に載っている23の…

【読み応えのある小説】おすすめ長編小説。冒険物語を求めている人へ。

現代では、ある物語に出会うときに、映画であったりマンガであったりいろいろなメディアが出会いの手伝いをしてくれます。そんな出会いが後々考えたら、“あのときあれに出会っていなかったら”という運命の出会いになることもあるのです。そんなキッカケにな…

【国際化 本】グローバル社会の本質が理解できる、おすすめ本。「国際化=英語教育」ではない。

グローバリズム社会が提唱されたものの、現在ではあちこちでほころびが出始め、見直しが迫られています。そんな現代社会だからこそ、個々の国の文化を再評価し、その上で国際化すべきではないかという意見が出てきています。そんな大上段からのテーマではな…

【こびと 本】映画化された小人作品の原作。おすすめ小説まとめ

小さい頃に、もしも小人になれたら素敵だろうなって想像したことはありませんか。小説の世界なら何でも可能なので、そういう小人の物語というのはいくつかあります。そんなお話の中でも映画化されてメジャーな作品を紹介してみますね。 『ガリヴァー旅行記ヴ…

【転職 本 おすすめ】「仕事をやめたい」人へ。30代、第二新卒に本当におすすめしたい本50選。

仕事をやめたい、転職をしたい。 そんな時におすすめの転職本や面接本ばかり探してませんか? 今回はそんな時だからこそ、 読んで欲しいおすすめビジネス本を紹介します。 もっと視野を広く、何がやりたいのか、どう働きたいのかを見つけてみませんか? 1.仕…

【魔女 本】悪い魔女に敢然と立ち向かうお話。おすすめ。

魔女の宅急便や、ハリーポッターシリーズなど、旧来の魔女、魔法使いのイメージとは違い身近な存在として魔女を描いた作品がありますが、やはり魔女というものはドロドロしてて、これぞ悪!っていう方がしっくりくるな。そんな魔女を求めている方にオススメ…

【天秤座 性格】天秤座のあなたに。性格、運勢に最適なおすすめの本

天秤座の性格、特徴 ファッションセンス、身のこなし、会話が上品で洗練された天秤座のあなた。平和を愛し、社交的で公平な精神を持ち合わせています。誰に対しても社交的で親切。 気遣い上手で、優雅な身のこなしで物事をこなすバランス感覚が優れた人です…

【だらだら 読書】だらだらしたい人におすすめ本。怠情な人へ、ナマケモノの美学本。

夢や目標に向かって毎日頑張ろう!とか、世間はこうあるべき、日々成長!なんて言葉に嫌気がさしてしまうあなたへ。毎日楽しく気負わず、ぐぅたらしていたい。それでいいじゃないかと、背中を押してくれる本たちですが、ここまで怠惰を極めるのも難しいと頭…

【きのこ 本 おすすめ】キノコ大好きな人へ、おすすめ本

コロンとした可愛らしいフォルム。色あざやかなものから茶色のシンプルなものまで、多種多様でユニークなきのこ。今回は、きのこが大好きというお子様からきのこの生態について知りたい大人まで、きのこに関する本を集めました。是非、きのこのチャーミング…

【狂気 小説 おすすめ】狂気を味わう小説。狂気の沙汰ではない。

日本では、感情は表に出さないように躾けられます。確かに激しい感情は他者や自分も傷つけてしまう危険なもの。 殺人者はサイコパス、元気がなければ鬱病と、何でも精神病というカテゴリーで片付けられてしまいがちな現代ですが、その根底は日常の何気ない事…

【鉄道ファン おすすめ 小説】鉄道が登場する名作小説。車内の読書に最適。

鉄道、列車。何かからの旅立ち。人生の岐路に立つ方へ、鉄道ファンの方におすすめの小説を紹介いたします。毎日の通勤電車のなかで物語の中に入り込んでみるのも良いかもしれません。刻一刻と変わる景色、規則的な振動の音。あっという間に異世界へ旅立つこ…

【雪 おすすめ 小説】綺麗な雪がテーマの名作本まとめ。冬はゆっくり読書がおすすめ。

どこまでも真っ白で汚れのない雪。ふわふわと降り積もるやわらかな雪。しんしんと冷えた空気の中で目の前に広がる雪景色。春がくると溶ける儚さ。私たち日本人にとって、雪は文学的な印象があります。今回は雪がテーマの本をご紹介いたします。 「雪国」 【A…

【鏡 不思議 おすすめ 本】鏡がカギとなるミラー小説

自らを映し出す鏡。そこにいるのは確かに自分だけど、見える世界は真逆。鏡の向こうの世界と自分が見ている世界は果たして一緒なのか・・・。「鏡の国のアリス」をはじめ、文学で重要なメタファーとしてよく使われている鏡。今回は、鏡がカギとなって物語が…

【共感 おすすめ 恋愛小説】おもわず共感してしまう!恋愛小説3選まとめ

人を好きになるって、どうしてこんなに苦しいんだろう。切ないんだろう。傷つくことが恐いのに、どうしてまた人を好きになってしまうんだろう。一緒にいると嬉しくて、ずっと一緒にいたいと思うのに上手くいかなくて。恋愛真っただ中の方、恋なんてもうしば…

【韓国文学おすすめ本】韓国近代文学の特徴に触れたい方へ、有名本まとめ。

韓国ドラマは見るけど韓国の本は読んだことがないという方が多いのではないでしょうか。韓国では村上春樹や吉本ばななをはじめ、日本文学が書店の8割を占めているというほどの人気です。日本文学の影響を受けて育った若手作家による作品は私たち日本人の感…

【恐竜 子供 おすすめ本】恐竜好きの息子に読ませたい。恐竜をもっと知れるおすすめ本。

職業選びの際に、好きなことを仕事にすればいいという意見は賛否両論ありますね。好きなことなら毎日が苦にならないっていう見方と、それが仕事になってしまえば苦痛だという意見。でも心の底から好きなら生涯の仕事にしてしまったほうがいいのではないか。…

【親元 離れる おすすめ本】親元から離れて暮らすようになった子どもに読んで欲しいおすすめ本

様々な事情、理由があって、親元から離れて暮らさなければならない子供たちがいます。それは育児放棄や、虐待などいろいろですが、そういう環境でもたくましく育つさまは健気で頼もしいですね。そんな過酷な環境に置かれた子供たちの本を紹介しましょう。 『…

【知識欲旺盛 おすすめ本】知識欲が強い高校生に読んでほしいおすすめ本

高校生時代というのは、いろんなものに触れて感動して人間的にも一番成長する世代ですね。そんな何事も貪欲に吸収する能力をもった高校生に読んでいただきたい3冊をご紹介します。 『モンサンミッシェル 奇跡の巡礼地』 モン・サン・ミシェル:奇跡の巡礼地 …

【カエル かわいい 本】カエル好きに読んで欲しい。蛙が主人公の本おすすめ3選。

カエルについて、みなさんはどのようなイメージを持っているでしょうか?「かえるのうた」や梅雨が一般的でしょうかね。ぬるぬるしてて気持ち悪いとか、あるいは田植えのシーズンにゲコゲコ鳴いてうるさいだとかあまりプラスの印象はないのかもしれませんね…

【心理学 役に立つ 本】少し変わった心理学にまつわる本3選。

大学に入ると文学部ではなくても一般教養科目て心理学というものがあります。テレビドラマの心理分析官などが活躍している場面を見て憧れを持った方もいるでしょう。そんな心理学に関する本を違った分野から3冊ご紹介します。 『江豆町 ブリトビラロマンSF…

【思いやり 絵本 おすすめ】人の気持ち、思いやりの心が身につく。絵本おすすめ3選

自己犠牲の精神というのは素晴らしいものだと言われます。でもそれって、ほんとに?きれいごとじゃないのかなと思っている人に読んで欲しい絵本があります。 『ジオジオのかんむり』 ジオジオのかんむり 著・岸田衿子ジオジオはライオンの中でも一番強かった…

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy