ほんのむし

読書はみんなのサプリ

共感

【ジェンダーレス 本】性別に囚われない”ジェンダーレスな価値観”に触れよう

日本の大学入学試験で、大学側が点数を意図的に操作して女性の合格者数を抑えていた――そんなニュースが世間を騒がせたことを覚えていますか?現代において、かくも時代錯誤な性差別が未だに存在しているのか…という嘆きの声があがる一方で、医療の現場からは…

【自己肯定感 高める 本】こころの取り扱いを学べるおすすめ本

生きていれば、他人と関わることは避けて通れません。しかも、気が合う人や好きな人とだけ関わっていればいいわけではないのがつらいところ。家に帰って一人『あんな風に言わなければよかった』『もしかしたらこんな風に思われてしまったかも』…そんな風に反…

【子供 夢中 本】読み聞かせで、子供の目がキラキラ輝く。おすすめ名作書籍

奇想天外なストーリーって子どもたちは大好きですよね。おとなになると変に常識が身に付いてきて「そんな馬鹿な!」って一笑に付すことだって、子どもたちは素直だから「それでそれで?」って続きをねだります。そんな読み聞かせにピッタリの本をご紹介しま…

【トンネル 好き 本】ホール好きにおすすめ本。「穴」についての物語3選。

みなさんは穴という言葉を聞いてどんな“穴”を想像するでしょうか。落とし穴?それともドーナツの穴?ひとくちに穴といってもいろいろなものがありますね。そんな穴にまつわるお話を、いくつかご紹介します。 『東京メトロ 大都会をめぐる地下鉄』 東京メトロ…

【孤独 本 おすすめ】孤独感を味わう海外小説まとめ。有名女性作家も。

誰かといつも一緒が好きという人もいれば、一人が好きという人も。常に周りに人がいると煩わしいというタイプの人もいます。 人に囲まれているのは楽しいですが、時には一人の時間を堪能したいというときもあるでしょう。孤高のヒーロー、一匹狼という言葉に…

【祈り 本 おすすめ】祈りについて。本質や効果などが分かる小説。

日本では特定の宗教を信仰する人が少なく、祈りというとすぐに宗教を連想しがちですが、宗教の差に関わらず、祈りの根底はどれも同じような気がします。 日本は八百万の神という通り、万物に魂や精霊が宿るという精霊信仰もありますし、結婚式はキリスト教式…

【時間 不思議】時間という不思議な概念に触れてみたくなる本

よく、歳を取ってから時間の進み方が早く感じられると言われます。実際そうだと思いませんか?実はそう感じられるのではなく、本当に早くなっているのだとしたらどうでしょう。そんな時間という概念について、わかりやすく、しかもおもしろく書かれた小説を…

【願いが叶う 本】「願い」がテーマのおすすめ本。強く願えば願望は叶う。でもその先にあるものは。

ファンタジー小説を読みたいときって、なにか現状に満たされて亡くて願いごとがあるときが多くありませんか。たぶん、子供がファンタジーものの本を読むときも、そんな気持ちがあるのかもしれません。そんな夢の世界を旅してみたい人たちにオススメの本をご…

【キツネ かわいい おすすめ本】キツネはずる賢くて悪いやつだ、なんて誰が決めたの?

ディズニーのアニメ『ズートピア』で、キツネのニックは愚痴ります。小さい頃からキツネはずるい、悪いやつだって言われ続けてきたと。実際に詐欺を働いたりするので、あながち間違ってはないんですけど、それでも、そうなったのは周りの決めつけがあったか…

【手紙 書き方 小学生】手紙がテーマのおすすめ本。本当に気持ちを伝える手段として手紙を書いてみる。

あなたは最近、手紙って書きましたか?メールやSNS全盛の世の中、なかなかそんな機会はないって人がほとんだと思います。でもあらたまって便箋を前に相手のことを想像しながら書くっていうのもいいものですよ。そんな自分を見つめ直すことにもつながる、お手…

【コミュニケーション 絵本 おすすめ】他人との接し方、コミュニケーションを絵本から学ぶ

幼児期の子育てって、まるでわがまま放題の王様が家の中にいるようですね。 そのようすを眺めながら成長を見守るのは、とても楽しいことなのですが 学校に上がるという年齢になると自我が目覚めてきます。 そんなときに読み聞かせしてみたいオススメ本をご紹…

【おじいちゃん おすすめ本】人生の師。祖父がテーマ名作3選。

世の中には人生の師とも呼ぶべき、おじいちゃんがいます。親よりも人生経験があり、しかも自分にとって肉親であるという条件は大きな要素でしょう。そんな大きな存在、祖父について書かれた名作を3冊ご紹介します。 『ハブテトルハブテトラン』 ([な]5-1)ハ…

【育児 しんどい 大変 おすすめ本】育児中、息抜きに読んで欲しいおすすめ本。

子供を育てるという行為は、それが人間にせよ、動物にせよ、とても大変なことだということには変わりはありません。しかしなぜ、その大変なことをやるのかというと本能だけではなく、喜びが大きいからでしょう。そんな子育ての大変さ、感動を描いた本を3冊…

【社長 共感 おすすめ本】経営者、権力者の苦労がわかる児童本おすすめ3選。上に立つのも大変。

人々は王族や貴族などの上流階級の人達をみて羨ましいなとか変わってくれないかな、なんて思ってしまいますが、実は内情は結構キツイものがあったりするのです。そんな人の上に立つものの苦労を描いた作品を紹介します。 『ムギと王さま』 ムギと王さま―本の…

【視野を広げる 本 おすすめ】視点を変えたい、そんな時に読んで欲しい本まとめ。

自我というものが芽生えてくると、自分と他人とを区別することを覚え自分の視点、他人の視点というものが存在することを自覚していきます。いったん、こういう視点を持つと意外に他の見方というものをなくしてしまう傾向がありますね。そんなときに頭の柔軟…

【愛 伝え方 絵本】「愛」がテーマのおすすめ絵本3選。愛の大切さを伝えたい人へ。

恋人に限らず、誰かを好きになり愛するっていうことは素晴らしいのだけど、なんて切ないんだろう。言葉で気持ちを伝えても、全部は伝えきれないもどかしさがあります。そんな“愛”をテーマにした絵本3冊をご紹介します。 『どんなにきみがすきだかあててごら…

【人生 不条理 本】人生の不条理について絵本から学ぼう。おすすめ3選。

人はみな、より良く生きようとしているのですが、ときに努力ではどうしようもないときがあります。生まれた環境、巡り合わせによって運命が決まってくることがあるのです。その中でも懸命に生きようとするから人生は感動が多いものになるのでしょう。絵本の…

転校が多く、孤独な子供時代を送るきみへ。読んで欲しいおすすめ本3選。

大人から見ると、子供同士の仲間外れにするという行為は、なんてひどいんだろうと思うけど子供の立場で考えてみると、そうでもしないと自分が当事者になってしまうとう意識があるのでしょう。そんなときに救いになってくれるのが友達という存在なのですが、…

変わり者だって良い。変人というのは長所だ、悩む必要ない。そう思えるおすすめ本3選。

そもそもが人と変わっているということは悪いことなのでしょうか?とかく、日本は同質社会で、それゆえに高度経済成長を成し遂げたのだと言われますがいつまでもそんなことでいいわけじゃありません。少し前から、そのほころびは社会のあちこちで出てきてい…

理想に憧れる。諦める、妥協の人生はしたくない人におすすめ本3選。

理想的な人生って、いったいどんなものでしょうか。ある人はお金がたくさんある生活と言うし、またある人は、大好きな人と毎日一緒にいる幸せな日々という答えが返ってきます。そんな理想の人生を模索している人にヒントになる本を紹介します。 『恋愛滝修行…

独身サラリーマン生活が寂しい、飽きたという方におすすめ本3選

たしかに彼女や奥さんがいれば楽しいこともあるでしょう。でも何のために?って自問しなければ、ただ周囲の流れに乗ってという理由だけになってしまい結果は悲惨なものになりそうです。そんなときに指針となりうる3冊をご紹介します。 『男おひとりさま道』…

素敵な人生、考え方に触れたくなったら読みたいおすすめ本

自分にはこんなことできないと思えることでも、当人にとっては好きなことをただ淡々とやっているだけということがあります。そんな人生のヒントになりそうな本を3冊紹介します。 『私の献立日記』 わたしの献立日記 (中公文庫) 著・沢村貞子女優業で忙しい…

器が広い、大きい人になりたい人へ。おすすめ本3選

小さいことにくよくよするなという本があります。日々の生活で悩んでいる自分はなんて小さく情けないんだろうって自己嫌悪に陥ることも度々です。でも、少し外の世界を覗いてみませんか。気分転換になること請け合いですよ。 『夫は犬だと思えばいい』 夫は…

【結婚生活 幸せ 本 おすすめ】結婚は女の幸せか。幻想だと感じる方に読んで欲しい本

この人と一生、一緒に過ごしたい。人はそう思ったときに結婚に踏み切るものでしょう。でもやはり本当にこれでいいのか、と不安になるときもあるものです。そんなときに考えるヒントを与えてくれる本を紹介します。 『ドラことば』 ドラことば心に響くドラえ…

【常識を疑う 本】奇抜なエピソードが描かれたおすすめ本3選。ビジネスにも役立つ思考術。

社会人になってみると、世の中のいろいろなしくみに戸惑うことが多いですね。そして、それを知らないと常識がないなどと言われたりするのです。そんな経験を持つ若い社会人に読んでほしい本です。 『とびだせチンタマン』 とびだせ!チンタマン 著・板橋雅弘…

【冒険 小説】大人にもおすすめの冒険本3選

冒険するという言葉を聞いてどんなことを思い浮かべますか。登山や秘境をまるでインディ・ジョーンズのように探検する感じを想像したのではないですか。もちろんそういう純粋な意味での冒険小説もあります。でも事件が起こり、それを解決しようと奮闘するの…

【食 エッセイ おすすめ】著名人の娘たちが書く食べ物の本三選

日々の楽しみのひとつに「食」を挙げる方は多いと思います。TVやラジオでも毎日のようにグルメ特集が放送されますし、書店にはレシピ本・お店の紹介本・食にまつわるエッセイ本などなど、実にさまざまな「食」に関する本が並べられています。「食」はいまや…

【会社 要求 高い】会社で無理な要求ばかり押し付けられる人へ、読んで欲しいおすすめ本3選

無理難題を押し付けられるということは社会人になればよくあることです。特に営業職にある人なんかは毎日がそんなことの繰り返しだよという方もいらっしゃるでしょう。そんな人に、俺の方がまだましだなと思わせる本をご紹介しましょう。 『卵をめぐる祖父の…

【音楽好きにおすすめ】歌が印象的な小説3選

音楽は「翻訳の出来ない詩」だと言われることもありますが、小説の中には音楽や歌が印象的な作品が多数あります。今回はそんな小説の中から、それぞれ雰囲気の違う作品を3つご紹介いたします。 『草迷宮』 草迷宮 (岩波文庫) 泉鏡花 文豪泉鏡花の名作です。…

【きのこ好き おすすめ本】きのこ、胞子フェチと文体マニアにおすすめ本3選

今回は、少しマニアックな本を紹介。 きのこ、胞子の本は理学系の大学生に、文体練習は文学部の大学生には必読書と言えるのではないでしょうか。もちろん専攻外の学生にもオススメです。 『きのこ文学名作選』 きのこ文学名作選 著・飯沢耕太郎写真評論家と…

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy