ほんのむし

読書はみんなのサプリ

生き方

生き方のコツ、知恵というものを絵本から学ぶ

人生とは与えられた環境で精一杯生きること、それがシアワッセにつながるんだ。そんなタイトルの本を書店でみかけますが、それって本当なんです。そして、それは動物も人間も変わりはありません。 『駅の小さな野良ネコ』 駅の小さな野良ネコ 著・ジーン・ク…

ネコちゃんを愛する方へ、おすすめの本

ふわふわの毛並み、自由奔放な姿、ちょっとつれない態度と、たまに見せる甘えた仕草。ネコちゃんと暮らしたい方、既に愛猫ちゃんがいらっしゃる方におすすめのネコと暮らすことをテーマにした本を集めました。動画とは違う文章でのネコの魅力、どっぷりハマ…

オオカミ好きにおすすめ。狼がテーマのおすすめ本3選。

キツネについで、いやそれ以上にオオカミが昔話に登場するときは悪役であることが多いです。そんな決めつけられて可愛そうなオオカミという存在に焦点を当てた作品を三冊紹介します。 『オオカミ王ロボ シートン動物記』 シートン動物記「オオカミ王ロボ」 (…

仕事が憂鬱、毎日つまらないなと思ったら読んでほしい。おすすめ本3選。

いつも会社と家の往復で新鮮味がない、自分は何のために生きているんだろう。そんな根源的な疑問を持つ社会人は多いことでしょう。そんな人のために、ちょっと考え方を変えるキッカケになる本をご紹介します。 『エドワードホッパー アメリカの肖像』 エドワ…

人生で何を大切に生きていけばいいのかを教えてくれる絵本

人はみな、それぞれ大切にしているものも違い、優先順位も異なります。でも基本的なところは共通しているのではないでしょうか。そんな当たり前のことを、子供にも平易に教えてくれる絵本の名作をご紹介します。 『スーホの白い馬』 スーホの白い馬 (日本傑…

理想に憧れる。諦める、妥協の人生はしたくない人におすすめ本3選。

理想的な人生って、いったいどんなものでしょうか。ある人はお金がたくさんある生活と言うし、またある人は、大好きな人と毎日一緒にいる幸せな日々という答えが返ってきます。そんな理想の人生を模索している人にヒントになる本を紹介します。 『恋愛滝修行…

夢に向かって頑張る人へ。読んで欲しいおすすめ本。

叶えたい夢がある、そう決意して取り組んでみたものの目標がかなり遠い場所にあることが判明して、決意が鈍ってきているという方はかなりいるのではないでしょうか。そんな少し弱気になっている人のための本を紹介します。 『ブルーノート』 ブルー・ノート …

人生観が変わる、新たな影響を与えるおすすめ本

自分の運命を自分で決められたらいいのに。そんな無理なお願いを神様にした人はいませんか。いったい俺が何をしたというのか、そんな愚痴をこぼした人もいるでしょう。そんな運命に翻弄され、そんな人生をどう捉えたらいいのかということを教えてくれる良書…

生き甲斐はなにか、探している方へ。生きがいを感じるおすすめ本3選

社会人になって、仕事にも慣れ日々の生活に特に不満はない。でも、なにか燃えるようなものがほしいなと思っている方におすすめの本が3冊あります。 『生きがいについて』 生きがいについて (神谷美恵子コレクション) 著・神谷美恵子生きがい喪失者とひたす…

人は何のために生きるのか?偉大な業績について知る本

自分の欲望のために生きるというのは単純で分かりやすい生き方です。でもそれで最期に満足するのでしょうか。誰か他人のためにと公言しないまでも、自分の信念のために人生を捧げた人というのは神々しいまでに輝いています。そんな生き方のヒントになる本を…

家族を大切に思えない方へ、読んで欲しいおすすめ本

いつも一緒に過ごしながら、当たり前の空気の存在のような家族という存在。でももしその存在がなかったらという仮定をしてみたら、ゾッとしますね。そんな家族の意味をあらためて問い直すきっかけになる本をご紹介します。 『泣きながら、呼んだ人』 泣きな…

アラフォー、アラサー未婚だからって不安に感じるな

周囲や、親からはまだかまだかと暗にせっつかれもう私のことはほっといてよ!言いたくなる女性って案外多いのではないですか。私もそんな女性の一人です。今回は、モヤモヤした気持ちをスッキリ代弁してくれる本を紹介します。 『負け犬の遠吠え』 負け犬の…

老後の楽しみを今のうちに模索しておきたい方に

人生100年時代とも言われています。つまり退職後の人生は余生というにはあまりにも長いのです。この第二の人生を充実したものにするために、中年の今から考えてみるのも悪くありません。 『日本ぶらりぶらり』 日本ぶらりぶらり (ちくま文庫) 著・山下清坊主…

素敵な人生、考え方に触れたくなったら読みたいおすすめ本

自分にはこんなことできないと思えることでも、当人にとっては好きなことをただ淡々とやっているだけということがあります。そんな人生のヒントになりそうな本を3冊紹介します。 『私の献立日記』 わたしの献立日記 (中公文庫) 著・沢村貞子女優業で忙しい…

「人生つまらない、やり直したい」という社会人へ

期待に胸膨らませ社会人になったのに、次々と壁があることに気付く人も多いでしょう。そんなときに人生の先輩からのアドバイス的な本を紹介します。 『夢をかなえるゾウ』 夢をかなえるゾウ文庫版 著・水野敦也実業家やプロ野球選手、モデルなどが集まるパー…

「人生の多様性」について考えさせられる本

こんな人になりたいな、とか自分には無理だろうとか他人の人生を見て羨ましく思ったりすることがあります。でも思い切って真似してみたらできちゃったということもありますよ。 『船越英一郎の京都案内』 船越英一郎の京都案内 著・船越英一郎京都に通って24…

人を見た目で判断してはいけない

人は見た目で判断してはいけないとは言ってもやはりきれいな人がモテるというのは厳然たる事実ですよね。人を好きになるというのはそれだけの要素ではないのですけどね。そんな“普通の”恋愛ではない恋愛を描いた本を3冊紹介します。 『モンスター』 モンス…

「少年よ、大志を抱け」夢に挑戦する、名作マンガ

最近の若者は…と言っている人は、マスコミに毒された人なのかもしれません。いつの時代のアツい心を持った若人はいるものです。 『マスターキートン』 MASTERキートン 完全版 コミック 全12巻完結セット (ビッグ コミックス〔スペシャル〕) 『マスターキート…

“連続ドラマ”の脚本家によるエッセイ本おすすめ3選

インターネットのニュースサイトでも度々トピックとして取り上げられる“TVドラマ”。内容もキャストも質が高く、時には社会的なブームを巻き起こすこともありますよね。私がおすすめしたいのは、そんな“連続ドラマ”を生み出し続ける脚本家たちによるエッセイ…

アラフォー女性におすすめ!素敵な40代のための本

かつてより平均寿命が延び、“人生80年時代”とも言われる現代。40歳という年齢は、ちょうど人生の折り返し地点に位置します。まだまだ若いことは確かですが、徹夜ができなくなった・疲れがとれにくくなった・風邪が治りにくくなった等々…、経年変化を自分の身…

著名人が答える一問一答の本

特に不満があるわけでもないけど、今のままでいいのかもわからない…そんな、自分の中にあるモヤモヤに効き目があるのが、本を読むことです。特に私がおすすめしたいのは、一般の読者たちからの質問に著名人が直接回答している、一問一答をまとめた本です。文…

現役ミュージシャンが小説家に。おすすめ小説三選

ひとつの分野で成功したクリエイターが、実は他の分野でも活躍しているということはもはや珍しくはありません。例えば、2018年度の朝ドラ「半分、青い」の主題歌を担当している星野源氏は、自身も俳優としての顔を持つほか、文筆活動やコント番組への出演等…

オタク女子におすすめ!何かに夢中な女性が主人公のおすすめ本3選

オタクと言えば男のことを想像しますが、女の子のオタクもかなりいます。というよりもすべての人は、なにかしらハマってることがあるので全員オタクとも言えるかもしれませえん。そんななにか一つのことをトコトンまで追求している作品を紹介します。 『パン…

人間は欲深い。清濁合わせて人間だということが分かる本3選

良くも悪くも人間って欲の塊なんですね。食欲、性欲、名誉欲、でもそれは決して悪いことではないんですが度を過ぎると大変なことになりますね。そんな3冊を用意しました。 『罪と罰』 罪と罰 (漫F画太郎) コミック 全4巻完結セット (バンチコミックス) 著・…

理不尽な環境を変えたい人へ。信念を貫いた人達が描かれたおすすめ小説紹介。

人間、生きていればどんな目に遭うか分かりません。死ぬか生きるかまではいかなくても、とんでもない運命に翻弄されることがあるものです。そんな理不尽な環境に立ち向かい、その環境を変えた人たちが描かれた3冊を紹介します。 『沈まぬ太陽』 沈まぬ太陽 …

自分の価値観が変わる、おすすめ本3選

普段、自分の興味の範囲外のことに触れてみると、脳の活性化につながるそうですよ。そんなやわらか思考を育てるのに役立ちそうな本を紹介します。 『新選組血風録』 新選組血風録 (角川文庫) 著・司馬遼太郎幕末の混乱のなかで治安維持の任務を遂行した有名…

「自分さえよければ良い」主人公がジャイアン的思考の小説おすすめ3選

私さえ良ければ他人はどうでもいいのよというような人。ハッキリそう公言しなくても、あきらかにそんな態度を取っている人。 そんなエゴイスト、自己中心的な人は、身の周りでもいるかと思います。今回紹介する主人公たちは、それの極端な例です。 読めば、…

内に秘めた感情を思い出させてくれるような、おすすめ本3選

今は淡々とした生活を送っているけど自分だって昔は燃えていた時期があるんだ。そんな内にくすぶっている感情を思い起こさせてくれる本があります。 『どくとるマンボウ昆虫記』 どくとるマンボウ昆虫記 (新潮文庫) 著・北杜夫昆虫好きの著者が、虫に関する…

生きづらさは性別のせい?ジェンダーやLGBTについて改めて考えさせられる本3冊

ジェンダーとは単純な動物学的な性別のことではなく、それによる差を意味し、社会から性別によって求められることや抱かれるイメージのことを指します。女性によるジェンダーについての問題提起は数多く見られますが、これは女性だけの問題ではなく性別を持…

転職したい人におすすめ!読書で疑似体験、様々な仕事を覗き見できる本3冊

毎日の仕事に疲れた時、もしかしたら自分にはもっと向いている仕事があるのかもしれない…そんなふうに考えたことはありませんか? でも本気で転職したいわけでもなく、ちょっと軽い気持ちで他の業界を覗き見したい、脳内だけでも違う業種を疑似体験したい…そ…

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy