ほんのむし

読書はみんなのサプリ

自然

【薔薇 おすすめ 小説】気高く美しいバラに囲まれる本

「花の女王」といわれるバラ。ゴージャスなイメージで、その香りは繊細で女性を虜にする花。化粧品や香水などにも使用されています。ただそこに存在するだけで、場の雰囲気が華やかになる情熱的な美しさ。触れるとトゲでケガをしてしまうという危うさ。そん…

【影 おすすめ 本】影の存在をモチーフにした小説まとめ。シャドウ好きにおすすめ。

光があるところには影がある。自分そっくりで、どこまでも追いかけてくる影。真っ暗闇では消える影。見えていなくても、自分が存在する限り、必ずそこに存在するもう一人の自分。今回は「影」をモチーフにした小説を紹介いたします。 「影をなくした男」 影…

【雨 おすすめ 読書】小学生に読んで欲しい。雨の日に読みたいおすすめ本まとめ。

雨の日がキライという人は多いけど、雨は外のうるさい世界から守ってくれるような安心感があります。雨の降る日は家にひきこもって、規則正しい雨音に耳を澄ませてみるのもセンチメンタルで素敵です。雨をモチーフにした本のなかでもネガティブなものではな…

【泡沫 意味】泡沫のようなおすすめ小説。儚い美しさ。【泡 おすすめ 本】

人魚姫のおなはしからか「人生は泡のよう」なんていう表現もある通り、美しくすぐに消える儚い印象がする泡。ふわふわのさわり心地、空気を含み、風にのってどこまでも漂っていく自由で柔らかく女性的でファンタジックなイメージもあります。今回は、そんな…

【京都旅行 おすすめ 小説】はんなり。京都がテーマのおすすめ本4選。

歴史と伝統が今なお残る街、美しい街並が魅力の京都。日本の良き昔ながらの文化が今なお色濃く残る街です。四季折々の顔をのぞかせ、訪れる度に表情を変えるのも魅力の一つ。今回は、そんな京都を舞台とした小説を紹介いたします。 「古都」 古都 (新潮文庫)…

【読み聞かせ おすすめ 絵本】寝る前のベッドタイムに最適。月がテーマの絵本おすすめ4選。

お月さまは神秘的。毎日毎日そこにいて、形をかえていく不思議さ。太陽のように派手に存在を主張するわけではないけど、たしかにそこにいて輝いて見守ってくれる存在。お子さまへの読み聞かせだけではなく、大人の方のベッドタイム読書に、お月見の季節にも…

姉妹のきずな、兄弟の助け合いを描いたおすすめ本

姉妹、兄弟の絆を描いた名作は世界中にたくさんありますが中でも代表的な3冊を紹介しましょう。 『若草物語』 若草物語 (新潮文庫) 著・ルイザ・メイ・オールコット若草物語の名前は読んだことのない人でも知っているでしょう。19世紀に書かれた物語ですが…

爬虫類、両生類が好きな子供に読んでもらいたいおすすめ本。

カエル、蛇やトカゲなど、一般的にはメジャーじゃない動物を飼っている人がいます。こんなに可愛いのに、なんでみんな理解してくれないの?それ以上にマイナーな動物を飼ったらどうなるか? 今日はペットに欲しい子供向けに読んでほしい本を紹介します。 『…

【ペンギン かわいい 本】ペンギン好きの子供に読ませたい。おすすめ本3選。

動物園や水族館にいるペンギンを見て癒やされる人も多いのではないでしょうか。なにしろ鳥なのに飛べないというところからしてユーモラスですよね。そんな南極でたくましく生きるペンギンたちの物語、ペンギンの生態を描いた本を3冊ご紹介します。 『おぎょ…

【動物 ふれあい おすすめ絵本】動物と触れ合いたい人へ。おすすめアニマル本まとめ。

動物と人間との関わりってどういうケースが考えられるでしょう。家畜であったり、ペットであったりという場合が多いでしょうが、それ以外の関係もあるんですよ。 『雪わたり』 雪わたり (福音館創作童話シリーズ) 著・宮沢賢治雪が大理石よりもかたく凍った…

【馬 かわいい 本】ウマ好きにおすすめ。人間とともに生きてきた馬について知る本まとめ。

古来、人間の乗り物として活躍してきた馬。その美しさや力強さから家畜としての存在以上に愛着がある人が多い動物です。そんな馬について書かれた物語をご紹介します。 『北の馬と南の馬』 北の馬と南の馬 著・前川貴行表紙をひらくと、広い緑の草原のあちこ…

【動物 写真絵本 おすすめ】おすすめ写真絵本。自然界を観察してみたい人へ。

絵本というものは絵を添えることによって、文字だけでは伝えることができない表現ができる手段です。これが写真なら、もっとリアルに読者に訴えかけることが可能になります。そんな写真絵本という分野のおすすめ本を紹介します。 『二ひきのこぐま』 二ひき…

【昆虫 子供 おすすめ本】昆虫好きな子供に読ませたい本。夏休みは虫取りだ。

昆虫採集は夏休みの定番の宿題ですね。昔は、特に男の子はやった経験があるのではないでしょうか。そんな少年達にオススメの本を、ご紹介します。 『せみとりめいじん』 せみとりめいじん (かがくのとも傑作集 どきどきしぜん) 著・かみやしん ごんちゃんは…

【恐竜 子供 おすすめ本】恐竜好きの息子に読ませたい。恐竜をもっと知れるおすすめ本。

職業選びの際に、好きなことを仕事にすればいいという意見は賛否両論ありますね。好きなことなら毎日が苦にならないっていう見方と、それが仕事になってしまえば苦痛だという意見。でも心の底から好きなら生涯の仕事にしてしまったほうがいいのではないか。…

【昆虫すごいぜ!】目指せ昆虫博士、虫大好きな息子に読ませたい!おすすめ本3選。

小学生時代の男子は、ほぼ全員といっていいほどカブトムシやクワガタが好きですよね。そんなカブクワの知識をもっと仕入れて友達に自慢できる本を紹介しますよ。 『クワガタクワジ物語』 クワガタクワジ物語 (偕成社文庫) 著・中島みち 太郎くんは、クワガタ…

【狼 かわいい】オオカミ好きにおすすめ。狼がテーマのおすすめ本3選。

キツネについで、いやそれ以上にオオカミが昔話に登場するときは悪役であることが多いです。そんな決めつけられて可愛そうなオオカミという存在に焦点を当てた作品を三冊紹介します。 『オオカミ王ロボ シートン動物記』 シートン動物記「オオカミ王ロボ」 (…

【カエル かわいい 本】カエル好きに読んで欲しい。蛙が主人公の本おすすめ3選。

カエルについて、みなさんはどのようなイメージを持っているでしょうか?「かえるのうた」や梅雨が一般的でしょうかね。ぬるぬるしてて気持ち悪いとか、あるいは田植えのシーズンにゲコゲコ鳴いてうるさいだとかあまりプラスの印象はないのかもしれませんね…

【生命の神秘 赤ちゃん 本】生命の神秘について描かれたおすすめ本3選。

神さまがいるかどうかは別として、命が生まれ、育っていくこんな複雑な仕組みを誰がどうやって作ったのか、疑問に思うときがあります。そんななぞに満ちた様々な生物の様子を描いた本を紹介します。 『たまごのはなし かしこくておしゃれでふしぎな小さな命 …

人間も大自然、地球の一部なんだなと実感する本

気が滅入ったときには海を見に行ったり、山の緑に触れたりすると癒やされますね。なにか大自然には人が本来帰るべき場所みたいなものがあるのかもしれません。心が傷ついたときには、人間以外のものに心を任せてみませんか。そんなおすすめ本を紹介します。 …

隠れた名作アドベンチャーおすすめ本3選。きっとあなたも旅したくなる。

子供の頃は野山を駆け回り、空き地で泥だらけになり遊んだ人も大人になるに連れケガをしちゃいけないので危険なことからは距離を置くようになります。でもやはり心の底には冒険したいという欲求はくすぶっています。そんな気持ちに素直に実行した人の本を紹…

大人にもおすすめの冒険本3選

冒険するという言葉を聞いてどんなことを思い浮かべますか。登山や秘境をまるでインディ・ジョーンズのように探検する感じを想像したのではないですか。もちろんそういう純粋な意味での冒険小説もあります。でも事件が起こり、それを解決しようと奮闘するの…

理想と現実のギャップに悩む人へ、おすすめ本3選

こうあらねばいけない、人間とはかくあるべきだと先人たちはアドバイスしてくれます。でも、決して理想通りにはいかないのが人間というものです。そんな理想と現実を描いた対照的な小説をご紹介します。 『飛ぶ教室』 飛ぶ教室 (岩波少年文庫) 著・エーリッ…

ニッチなマイナー旅行に行きたい人へ、おすすめ本3選

旅行に行くと思い立ったときにまず手にとるのはどんな本でしょうか。実際に行く場所、目的が決まっているときは具体的なガイド本でしょうがどこかに行きたいな〜って漠然に思っているときは、こんな本はいかがでしょうか。 『深夜特急』 深夜特急〈1〉香港・…

会社で無理な要求ばかり押し付けられる人へ、読んで欲しいおすすめ本3選

無理難題を押し付けられるということは社会人になればよくあることです。特に営業職にある人なんかは毎日がそんなことの繰り返しだよという方もいらっしゃるでしょう。そんな人に、俺の方がまだましだなと思わせる本をご紹介しましょう。 『卵をめぐる祖父の…

大人におすすめ。主人公に感情移入できる青春・冒険本6選

冒険小説を読んで物語の主人公に感情移入してしまうことはあるでしょう。この6冊は感情移入にピッタリの本ですよ。 『極北』 極北 著・マーセルセロー英国作家が描き出すハードボイルドな世界の終わりです。ロシア領の一端に取り残されていた空白地。極北の…

【無人島 おすすめ本】サバイバル!無人島生活がテーマのおすすめ小説本まとめ

ある日突然、ひょんなことから無人島へ流されてしまったら。自分で望んだ冒険ならいざしらず、不慮のできごとで無人島に漂着してしまったら大変ですよね。しかし、このようなシチュエーションを想像するのはエキサイティングなことで、これまでにも無人島ネ…

【バックパッカー 本 おすすめ】旅を描いたおすすめ本3選

「旅に病んで夢は枯野を駆け巡る」とは芭蕉の最後の句ですが、病床に伏してまで旅を夢見た芭蕉ほどではないにしても、旅にロマンを感じる人は多いのではないでしょうか。本の世界でも実に多種多様な紀行文や物語が書かれています。今回はそんな旅を描いた作…

【パンダ おすすめ本 かわいい】癒されたい人必見!パンダだらけなおすすめ本3選

今日本は上野動物園のシャンシャンなど、空前のパンダブームとなっていますよね。パンダの可愛らしい姿は、現代社会で仕事に疲れた、社会人の心を癒してくれます。 でも、パンダのことって実はよく知らないですよね。今回は癒されたい社会人の方や、もっとパ…

狼犬の生き様が描かれたおすすめ本

2016年、アメリカのアリゾナ州で一人の男性が愛犬を前に頭を抱えていました。子犬の頃からきちんと飼育していたが、男性以外の人間にまったく懐かない。男性には従順で大人しいが、躾をしても家中に排泄をし、他の犬の仲間を求め頻繁に脱走を繰り返す。普通…

東日本大震災をもう一度振り返りたい、見つめ直したい人におすすめの本

『IT時代の震災と核被害』 IT時代の震災と核被害 (インプレス選書) 宮台真司 本書はグーグルの72時間という巻頭ドキュメントから始まっています 。Google は3月11日、地震発生からわずか1時間46分という驚くべき速さで、日本語版の安否情報確認ツール「パー…

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy