ほんのむし

読書はみんなのサプリ

おもしろい

子供でも経済学を学ばせたい人におすすめ本。簡単に学べる教科書。【入門】

「経済学を勉強したって金持ちにはなれないよ!」そんなセリフを経済学部出身者はよく言われるそうです。でも世の中の仕組みを知ってるかどうかで、人生の様々なシーンでの立ち回り方って全然違ってくるんですよ。 経済学は難しくない。今回は身近なテーマか…

世界観が変える、広がる。おすすめ本3選。

人は見聞を広めて広い世界を知っているようでいて意外に狭い範囲で生きているものです。そんな凝り固まった世界観を変えてみたいと思ったときにオススメの本を3冊紹介します。 『ギリシア神話小辞典』 ギリシア神話小事典 (現代教養文庫 1000) 著・バーナー…

予想外の展開でびっくり。おもしろ絵本まとめ。

これまで当たり前だと思っていたことでも、よくよく考えるとたいしたことじゃないと気付くことってあります。逆に小さなことだと思っていても、とても大事なことだったということも。そんな予想を裏切る展開を見せてくれるおもしろい絵本を紹介します。 『小…

コミュニケーション力を子供から。楽しくスキルを身につけられるおすすめ絵本3選。

自分の意志を伝えるには言葉を使うのが一番手っ取り早いです。でも言葉以外では難しいのでしょうか?いえ、決してそんなこともありません。むしろ言葉よりも雄弁になる場合だってあるのです。そんなコミニュケーションに関係ある絵本を3冊ご紹介します。 『…

大人にもおすすめの冒険本3選

冒険するという言葉を聞いてどんなことを思い浮かべますか。登山や秘境をまるでインディ・ジョーンズのように探検する感じを想像したのではないですか。もちろんそういう純粋な意味での冒険小説もあります。でも事件が起こり、それを解決しようと奮闘するの…

お笑い芸人のエッセイ、小説おすすめ3選。又吉先生だけじゃない。

バラエティ番組で“読書芸人”が特集されるほど、お笑い芸人の中にはディープな読書好きの方が数多くいるようです。また、自らが書いた小説作品で権威ある文学賞を受賞したピース又吉氏もよく知られていますよね。そこで私がおすすめしたいのは、現在も第一線…

“連続ドラマ”の脚本家によるエッセイ本おすすめ3選

インターネットのニュースサイトでも度々トピックとして取り上げられる“TVドラマ”。内容もキャストも質が高く、時には社会的なブームを巻き起こすこともありますよね。私がおすすめしたいのは、そんな“連続ドラマ”を生み出し続ける脚本家たちによるエッセイ…

おしゃれなあなたに!おすすめのテキスタイルデザイン本三選【マリメッコ、Cath Kidston】

雑貨屋や家具屋に売っている素敵なカーテン、クッションカバー、ファブリックパネル等々…、パッと目を惹く、鮮やかかつ個性的な模様の布たちは、一体誰がどのようにデザインしているのかご存知ですか?私がおすすめしたいのは、その素晴らしいテキスタイルデ…

現役ミュージシャンが小説家に。おすすめ小説三選

ひとつの分野で成功したクリエイターが、実は他の分野でも活躍しているということはもはや珍しくはありません。例えば、2018年度の朝ドラ「半分、青い」の主題歌を担当している星野源氏は、自身も俳優としての顔を持つほか、文筆活動やコント番組への出演等…

「芸術がわからない」方に見てもらいたい、おすすめ写真集3選【感想は自由】

芸術とは!?なんて大上段に構えなくても、素のこころで眺めていると思わず見入ってしまう写真というものがあります。それが伝えているものがあなたの心に刺さったのでしょう。そんな作品群を紹介します。 『メメントモリ』 メメント・モリ 著・藤原新也死体…

ニッチなマイナー旅行に行きたい人へ、おすすめ本3選

旅行に行くと思い立ったときにまず手にとるのはどんな本でしょうか。実際に行く場所、目的が決まっているときは具体的なガイド本でしょうがどこかに行きたいな〜って漠然に思っているときは、こんな本はいかがでしょうか。 『深夜特急』 深夜特急〈1〉香港・…

オタク女子におすすめ!何かに夢中な女性が主人公のおすすめ本3選

オタクと言えば男のことを想像しますが、女の子のオタクもかなりいます。というよりもすべての人は、なにかしらハマってることがあるので全員オタクとも言えるかもしれませえん。そんななにか一つのことをトコトンまで追求している作品を紹介します。 『パン…

大人におすすめ。主人公に感情移入できる青春・冒険本6選

冒険小説を読んで物語の主人公に感情移入してしまうことはあるでしょう。この6冊は感情移入にピッタリの本ですよ。 『極北』 極北 著・マーセルセロー英国作家が描き出すハードボイルドな世界の終わりです。ロシア領の一端に取り残されていた空白地。極北の…

食いしん坊万歳!おすすめ食エッセイ3選

周りの人は普段どんなものを食べてるんだろう? そんなことを気にしたことはありませんか。今回紹介する本は、特に食べることには拘った著者たちが綴った名作です。 『貧乏サヴァラン』 貧乏サヴァラン (ちくま文庫) 著・森茉莉文豪森鴎外の長女である著者が…

パンク好きに読んでほしい、おすすめ本3選

今、思い出してみれば学生時代はなんであんなにバカをやったんだろう。そんなこともしばしば。今も昔もパンクなあなたに読んで欲しいおすすめ本3冊紹介。 『完全パンクマニュアル』 完全パンクマニュアル はじめてのセックス・ピストルズ デストロイ・エディ…

「名前だけは知ってるけど読んだことのない」おすすめ名作本3選

学生時代、子供時代には小説に触れることがなかった人も大人になったからこそ良さが分かるかもしれません。そんな名作を3冊ご紹介します。 『新編 宮沢賢治詩集』 新編宮沢賢治詩集 (新潮文庫) 著・宮沢賢治宮沢賢治の生前に出版された唯一の心象スケッチで…

ショートショートだけじゃない! 星新一の作品3選

去年没後20年を迎えた星新一。読みやすい文体と意表をつくストーリー展開が魅力の作家でもあります。また、ショートショート(短編よりさらに短い小説)の草分けとしても知られ、SFを中心に1000編を越える作品を書いた巨匠でもあります。今回はそんな星新一…

SFに馴染みのない人でも読みやすい、時間SF小説のおすすめ3選

あなたは時間旅行が出来たら何をしたいですか? 誰しも一度くらいは時間旅行について空想をしてワクワクした経験があると思います。 小説の世界でも時間旅行を扱った作品がたくさん作られています。例えばH・G・ウェルズが『タイムマシン』を書いたのは、今…

これぞプロの本気!その道のプロの仕事を読んで楽しめる本3選

ネットを使って誰でも手軽に情報が得られる今、私達は専門分野でなくても出来ることが増えました。しかし世の中にはその道のプロというものが存在し、プロとしての長年の知識や経験がないと出来ないことがあるのも事実です。 そんなプロの仕事ぶりを本で読ん…

「面白い本を読んで笑いたい!」そんなあなたへ、おすすめ本3選

たまには本を読んで笑ってみたい、そういう願望を叶えてくれる3冊をご紹介します。笑うと気持ちがスッキリしますからね。 『言いまつがい』 言いまつがい (新潮文庫) 著・糸井重里ほぼ日刊イトイ新聞の読者から応募や投稿によって集められた、ちょっと恥ずか…

前に進みたい、成長したい人におすすめしたい本3選

人が成長するきっかけって人それぞれですね。人生の中でどのタイミングで、それはやってくるかわからないしもしかしたら、もう過ぎてしまっているかもしれない。そんな人生の岐路を描いた3冊をご紹介します。 『あしたのジョー』 あしたのジョー 文庫版 コ…

「知らない世界を知りたい!」という人におすすめ本

普段、自分の興味のない世界に触れることであらたな自分を発見することはあるものです。たまに、そんな自分に油を挿すというか、脳の使っていない領域を働かせるのもいいもんですよ。 『おじさん図鑑』 おじさん図鑑 著・なかむらるみ長年社会をわたり歩いて…

【女性が主役】王宮が舞台のおすすめ小説3選

今回オススメさせて頂きたい本は全て女性が主役の小説で、また舞台も王宮という共通点があります。 「王宮」「女性」なんてキーワードを聞くとなんだか華やかな世界を想像しますよね。 でも、今回ご紹介させていただく三作品は一筋縄ではいかない物語たちで…

「暗号とは何か?」その仕組みや歴史が分かるおすすめ本

暗号解読 上巻・下巻 著者:サイモン シン(サイエンスライター) 訳者:青木 薫 どういう本か 本書はケンブリッジ大学で物理学の博士号を取得しているサイエンスライターであるサイモン シンの著作です。 同氏は大学院卒業後、ジュネーブの研究所で勤務し、英…

飛行機好きにおすすめシリーズ本、「リリアとトレイズ」

私は時雨沢恵一さんのライトノベル、「リリアとトレイズ」シリーズの本ををご紹介させていただきます。 持ち運ぶにも楽な文庫本なので社会人の方や大学生の方などもすきま時間などでも十分楽しめると思います。 「リリアとトレイズ」シリーズ リリアとトレイ…

一度は読んでおきたい「坂の上の雲」

大学生や社会人だけでなくすべての日本人におすすめする本は「坂の上の雲」です。全部で8冊もあるので、その存在を知っていても、知人におすすめされていても中々手に取らなかった本ではあります。 でも一度は読んでおきたいと思って実は昨年やっと長年読も…

絶対に数学が好きになる!数学が嫌いな人に読んで欲しいおすすめ本

大学生や社会人になって「数学を勉強しておけばよかった。」「中学、高校の頃、習ったれど理解ができなかった。」と思うことはありませんか。 しかし今から、一から勉強するのは面倒ですよね。 『浜村渚の計算ノート』 浜村渚の計算ノート (講談社文庫) そこ…

電車はなぜ眠くなるか、年収と住所の関係などが分かる、おすすめ豆知識本

『世界が認めたニッポンの居眠り 通勤電車のウトウトにも意味があった!』 世界が認めたニッポンの居眠り 通勤電車のウトウトにも意味があった! ブリギッテ・シテーガ ヨーロッパでも通勤客や長距離旅行者が車内で眠ることはあるが、座ってようと立っていよ…

伊坂幸太郎おすすめ本4選

伏線回収が特徴ともいえる伊坂幸太郎さんですが、今回は登場人物が魅力的な作品を選んでみました。 1.死神の浮力 死神の浮力 (文春文庫) 愛娘を殺され、復讐を企てる夫婦のもとに死神、「千葉」が現れます。死神は余命の近くなった人間に近づき、可か不可か…

イヤミス好きにおすすめ本、衝撃のラストに戦慄!

「みんな邪魔」 みんな邪魔 (幻冬舎文庫) 真梨幸子イヤミス作家で有名な真梨幸子さんの作品です。私が真梨幸子さんにハマったきっかけの本なのですが、とにかく登場人物の心理描写がある意味でグロテスクなくらいリアルです。 読んでいる内に、ああ、こうい…

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy