ほんのむし

読書はみんなのサプリ

【紅茶 おすすめ 本】紅茶と一緒に読みたい、おすすめオシャレ小説

芳しい紅茶。深い色合い、透き通った色合い、茶葉がゆっくりひらいていく様子。一口飲むと、心まで豊かな香りに満たされリラックスできるひとときに。そんなロマンチックでおしゃれな紅茶が登場する小説を紹介いたします。紅茶のおともに、是非手にとってみ…

【中世ヨーロッパ おすすめ小説】騎士道物語が感じられる、古典文学作品

中世ヨーロッパで誕生した騎士物語。騎士の旅、生活に苦しむ庶民のためにドラゴンや巨人を倒す冒険、美しい貴婦人との恋愛、王となるストーリーは、現代のファンタジーやSF映画、ハリウッド映画にも大きな影響を与えています。ファンタジーやロマンスが大好…

【悩み 解決 おすすめ 本】親の介護、実家の片づけ、老後のお金…リアルな悩みに効く本

働き盛りの現役世代なら誰もが抱える悩みといえば、介護・実家・お金に関連したものが多いのではないでしょうか。いざ、その時になって慌てたくない!そんな危機管理能力の高いあなたにおすすめしたい、リアルな悩みに答えてくれるおすすめ本を三冊ご紹介し…

【薔薇 おすすめ 小説】気高く美しいバラに囲まれる本

「花の女王」といわれるバラ。ゴージャスなイメージで、その香りは繊細で女性を虜にする花。化粧品や香水などにも使用されています。ただそこに存在するだけで、場の雰囲気が華やかになる情熱的な美しさ。触れるとトゲでケガをしてしまうという危うさ。そん…

【歳の差 恋愛 おすすめ 小説】歳の差恋愛、結婚がテーマの現代小説三選

人を好きになることに、きっと年齢は関係ありません。「源氏物語」の主人公・光源氏が正妻・紫の上に一目惚れしたのは、光源氏が18歳、紫の上がわずか9歳の頃だったそうです――このことからもわかるように、遥か昔から文学作品のモチーフとなっている“歳の差…

【手紙 おすすめ 小説】「手紙」がカギとなる小説三選

「手紙」が物語のカギを握る小説といえば、誰もがまず思い浮かべるのは夏目漱石の「こころ」ではないでしょうか。 前半に登場した謎多き人物が、後半にその全てを手紙という形で独白する――その斬新な構成と展開は色褪せず人々を魅了し、今なお広く読み継がれ…

【かこさとし 本 代表作】かこさとしさんのおすすめ名作絵本【プロフェッショナル】

2018年5月にご逝去された絵本作家、かこさとし(加古里子)さん。御年90歳を超えられた後にもエネルギッシュに活動を続けられ、数えきれないほどの名作絵本を遺されました。 昭和生まれでも平成生まれでも、かこさんの絵本を読んで育ったという方は少なくな…

【衝撃を受けた 本 おすすめ】タイトルにインパクトあり!おすすめの現代小説三選

雑誌の広告や新聞の書評、書店の棚…さまざまな場所でパッと目に飛び込んできて、そのインパクトのあるタイトルをすぐに覚えてしまう…、そんな本に心当たりはありませんか?その中でも私がおすすめしたいのは、独創的で強烈なインパクトで記憶に残るタイトル…

【影 おすすめ 本】影の存在をモチーフにした小説まとめ。シャドウ好きにおすすめ。

光があるところには影がある。自分そっくりで、どこまでも追いかけてくる影。真っ暗闇では消える影。見えていなくても、自分が存在する限り、必ずそこに存在するもう一人の自分。今回は「影」をモチーフにした小説を紹介いたします。 「影をなくした男」 影…

【和菓子 おすすめ 本】繊細なデザイン。和菓子が知りたい人におすすめ本。

和菓子には洋菓子にはない風情があります。もともとお茶請けとしてお茶をひきたてるために作られた和菓子。甘さ控えめで低カロリー、素朴な優しい味わい。上品な見た目も美しく、四季を感じられ、そこには「物語」があります。今回は、和菓子にまつわる本を…

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy