ほんのむし

読書はみんなのサプリ

ミステリー

【ミステリー 小説 初心者】まずはミステリー入門としておすすめ。傑作ミステリーのご案内。

数ある小説のジャンルでもミステリー小説は、読者参加型の小説であす。登場人物と一緒になって謎解きをしたり、意外性のあるトリックに驚いたり、架空の世界の中にのめり込むことができます。 東大や京大といった高学歴の読書ランキングをのぞいてみると、上…

【魔女の宅急便 原作】魔女になりたい方におすすめ小説まとめ

魔女や魔法の本が読みたいんだけど、いかにも…といった典型的な魔女はわざとらしいからといったちょっと成長した子供さんにおすすめの魔女本があるんですよ。 『魔女の宅急便』 魔女の宅急便 (福音館文庫 物語) 著・角野栄子古い魔女の家に生れた女の子は、1…

【不思議な話 本 おすすめ】ほっこり、ほのぼのする不思議小説まとめ。

読書好きの子供って自分の知らない世界に触れることができるという体験にハマっているケースが多いですね。教科書に載っているような、大人が勧める本ではなくて自ら興味の分野を開拓しているような気がします。そんな好奇心旺盛な小学生にオススメの3冊を…

【鏡 不思議 おすすめ 本】鏡がカギとなるミラー小説

自らを映し出す鏡。そこにいるのは確かに自分だけど、見える世界は真逆。鏡の向こうの世界と自分が見ている世界は果たして一緒なのか・・・。「鏡の国のアリス」をはじめ、文学で重要なメタファーとしてよく使われている鏡。今回は、鏡がカギとなって物語が…

【影 おすすめ 本】影の存在をモチーフにした小説まとめ。シャドウ好きにおすすめ。

光があるところには影がある。自分そっくりで、どこまでも追いかけてくる影。真っ暗闇では消える影。見えていなくても、自分が存在する限り、必ずそこに存在するもう一人の自分。今回は「影」をモチーフにした小説を紹介いたします。 「影をなくした男」 影…

【宇宙って本当にあるの?】宇宙がテーマのおもしろい本まとめ。 子供にも読んでほしいおすすめ。

果てしなく広がる宇宙。遠い空に想いを馳せて、ちっぽけな自分の存在を感じるも良し、ロマンに夢を描くのも良し。神秘的でどこまでも広がっていく無限の世界。手元にある本から宇宙に想いを膨らませてみませんか?文系の方でもすんなり読み進めることができ…

【ラテンアメリカ 本 おすすめ】ラテンアメリカ文学でマジックリアリズムを感じたい人へ。おすすめ関連本まとめ。

1960年代からブームとなったラテン・アメリカ文学。日常と非現実、伝承と神話との不可思議な融合は、「魔術的リアリズム」とも呼ばれ、その独特な世界観にどっぷりはまってしまう人も。幻想的な悪夢のような世界はダリの絵画を彷彿とさせられ、シュールリア…

【ヒトラー おすすめ 本】「ヒトラーってどんな人なの?」知りたい人へ。演説、歴史をまとめた、おすすめ関連本3選。

独裁者として有名なヒトラー。 演説の名言、多くの予言も残しており、現代において重要な人物です。 もともと、ユダヤ人虐殺などドイツ暗黒の歴史として語られることが多いですが、そのヒトラーは国民投票によって国民が選んだ政治家でした。第一次大戦後、…

もしも“こびと”が本当にいるのか。少し想像してみたい人に読んで欲しいおすすめ本。

絵本というのは基本的にノンフィクションではなくて、想像上の世界が描かれています。もしも、そうだったらどうなるだろう?とか、どんなワクワクするだろうという目的で書かれているからです。そんな子供の想像を刺激する名作を紹介します。 『チビ虫マービ…

【スッキリ 本】読後感がスカッとするミステリー小説おすすめ3選

小説にせよ、ノンフィクションにせよ、やはり本を読んだ後はスッキリ納得したいですね。そういうスカッとする気分を味わいたいときに、おすすめの本を紹介します。 『推定無罪』 新装版 推定無罪 (上) (文春文庫) 著・スコットトゥロー美人検事補が他殺体で…

【殺人事件 小説 おすすめ】殺人事件、その悲惨さをあらためて考えてみる

推理小説の中で人は簡単に死んでしまいます。しかも病死、事故死ではなく殺人というもっとも忌まわしい方法で。活字の世界では慣れっこになってしまってますが、リアルに死体を想像しながら読むとゾワゾワ感が違いますよ。 『ある少女にまつわる殺人の告白』…

【探偵 本 おすすめ】探偵気分になりたい人におすすめ。ゲーム感覚で読める推理小説6選

探偵といえばシャーロック・ホームズ、最近で言えば名探偵コナン、金田一耕助が思い浮かびます。でもそんなコテコテの探偵じゃなくても、肩肘張らずに事件を解決してくれる方が親しみが持てますね。そんなちょっと変わった“探偵”が登場するお話を紹介します…

【推理小説 トリック】ミステリーマニアにおすすめ。今読みたい推理小説3選。

無性にミステリー、推理小説を読み耽りたいっていう夜があります。そう、お腹が減ってもトイレに行きたくても、ページをめくる流れを止めたくないってときが。そんな気分を味わいたいときにオススメの本を3冊紹介します。 『アヒルと鴨のコインロッカー』 …

【海外クライム小説 おすすめ】リアルな描写が感覚を研ぎ澄ます…読み応え◎

ミステリーに重要なもの…それは自分がその世界の登場人物になったような気分になれること!?今回はそんな、没入感にフォーカスを当てた極上ミステリーをご紹介します。 切り裂き魔ゴーレム 切り裂き魔ゴーレム まずはこちら『切り裂き魔ゴーレム』。 映画化…

【青春ミステリー 小説 おすすめ】男児向けミステリー小説おすすめ3選。謎解き好き必見!

冒険には事件がつきもの。 仲間と一緒に協力して謎を解く快感に病みつき◎今回はそんな男児向けミステリー小説本をご紹介します。 大人になっても度々読み返しては青春に浸れる名作ぞろいです! 『名探偵カッレくん』 名探偵カッレくん (岩波少年文庫) まず最…

【数学 本 おすすめ】絶対に数学が好きになる!数学が嫌いな人に読んで欲しいおすすめ本

大学生や社会人になって「数学を勉強しておけばよかった。」「中学、高校の頃、習ったれど理解ができなかった。」と思うことはありませんか。 しかし今から、一から勉強するのは面倒ですよね。 『浜村渚の計算ノート』 浜村渚の計算ノート (講談社文庫) そこ…

【イヤミス おすすめ 小説】イヤミス好きにおすすめ本、衝撃のラストに戦慄!

「みんな邪魔」 みんな邪魔 (幻冬舎文庫) 真梨幸子イヤミス作家で有名な真梨幸子さんの作品です。私が真梨幸子さんにハマったきっかけの本なのですが、とにかく登場人物の心理描写がある意味でグロテスクなくらいリアルです。 読んでいる内に、ああ、こうい…

【ミステリー 名作 おすすめ】日本のおすすめ名作クラシックミステリー本4選

かなり昔、ミステリーは一部のちょっと変わった人が好む特殊な小説という雰囲気がありました。特に本格推理小説の分野は長く低迷期が続きましたが、1980年代後半から、新本格の旗手たちによって意欲的な作品が続々と生まれ、本格ミステリーは今も根強い…

【ライトミステリー おすすめ】学生におすすめのライトミステリー本3選。恋愛もあり。

個人的には新本格ミステリーが好きなのですが、あまり理屈っぽいモノ、長い謎解きは得意ではないといった人、特に10代にオススメのライトミステリーを紹介します。 勿論大学生や社会人の人も気軽に楽しめる小説と言えます。 「春期限定いちごタルト事件」 春…

【ミステリー小説 謎解き おすすめ】知識が豊富になって謎解きも楽しめる日常ミステリー3選

知識が身につくのと同時に、その知識が絡む謎解きを楽しめる本。 『ビブリア古書堂の事件手帖』 ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~ (メディアワークス文庫) なんと言っても筆頭は『ビブリア古書堂の事件手帖』古書店員経験のある三上延…

【伏線 小説 おすすめ】伏線が素晴らしい、ミステリー推理小説3選

ミステリーが好きな人にオススメする本をいくつか紹介したいと思います。 『百鬼夜行シリーズ』 文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫) まずは京極夏彦の『百鬼夜行シリーズ』です。 よく『京極堂シリーズ』とも呼ばれていますが、作者は前者の呼ばれ方が好きなそ…

【背筋が凍る話 小説 おすすめ】衝撃のクライマックスなおすすめ小説

大学生や社会人にオススメの本を紹介させていただきます。 クライマックスは背筋が凍るほどの恐ろしさです。 『陰摩羅鬼の瑕』 陰摩羅鬼の瑕(1)【電子百鬼夜行】 今回紹介させていただくのは、京極夏彦著の『陰摩羅鬼の瑕』です。これは京極夏彦がシリーズで…

【ケネディ 暗殺 黒幕 おすすめ本】ケネディ暗殺事件のおすすめ関連本5冊を紹介【20世紀最大ミステリー】

「ケネディ大統領暗殺」時の写真、衛星放送から多くの陰謀説があるこのJFK暗殺事件。映画や海外ドラマでも多く使われています。そんなケネディ大統領暗殺事件の関連本の中で、おすすめの5冊をピックアップしました。

【読書 苦手 おすすめ】読書嫌いな方にもおすすめ、ミステリー&ファンタジー本3選

本を読むのが苦手な人にもおすすめするのが、辻村深月さんの作品です。大学生や社会人にも読みやすい、ジャンルとしてはミステリー&ファンタジーといったところでしょうか。登場人物たちの繊細な揺れ動く心が描かれています。特に良い数冊を挙げていきたい…

【余韻が残る 本 おすすめ】「衝撃的すぎて余韻を引きずる本」といったらこの一冊

沼田まほかるさんの本を始めて読んだのは、「九月が永遠に続けば」でした。 九月が永遠に続けば (新潮文庫) そして、それは物凄く話題になるだけの本だったのですが、個人的にはこの「ユリゴコロ」の方が数百倍の衝撃を受けました。それほど、この本は凄い内…

【本格 推理小説 おすすめ】推理好きに読んで欲しい、新本格ミステリー本3選まとめ

新本格ミステリーの中でも特におすすめの本を3冊紹介していきます。 1.十角館の殺人 十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫) 「十角館の殺人」は綾辻行人さんのデビュー作でもあり、また館シリーズの1冊目にあたる作品なのでまずはコレから読んで欲しい1冊…

【通勤 読書 おすすめ】通勤時間におすすめの推理小説。あなたも推理してみませんか?

毎日の通勤時間。大変ですよね。 中には本を読んでる方もいます。 自分も通勤で本読んでみようかなあという人にオススメなのが、西村京太郎さんの本。『寝台特急殺人事件』、『終着駅殺人事件』など電車でのミステリー作家として有名です。 毎日、通勤中に自…

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy