ほんのむし

読書はみんなのサプリ

神秘

【鉱石 本 おすすめ】美しい鉱物の世界へようこそ。趣味で採掘、採集したい方にも。【入門 図鑑】

自然界に存在するとは思えないほど、緻密で繊細な美しさを放つ鉱石たち。 オパールやローズクオーツ、トルマリンなどなど、その名前を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?今回は、そんな鉱石の魅力に取りつかれた著者たちが上梓した、鉱石をテ…

【予想外の結果 本 おすすめ】想定外のことが起こったときに解決方法を探すには

小さい子供の頃は、泣き喚けば周りの大人が何とかシてくれました。でもいつまでも、その手は使えません。あるときから自分で解決策を探って何とかやっていかなければならなくなるのです。そんな人生の試練に出会った子供たちの物語を3冊紹介しましょう。 『…

【種 絵本 おすすめ】生命の神秘が詰まった“種”について書かれた本。

植物の種って不思議ですね。あんなに小さいのに複雑な遺伝情報が書き込まれちゃんと、元の通りの姿に成長するんですからね。そんな種子の神秘ともいうべき物語を分かりやすい絵本で紹介します。 『みどりいろのたね』 みどりいろのたね (福音館創作童話シリ…

【クリスマス 世界 絵本】クリスマスを巡る外国の風習に触れることのできる本

クリスマスといえばサンタクロースですね。実際は親がプレゼントを用意しているのに寝てる間にサンタが枕元に置いていってくれる、というのが日本の一般家庭の風習ですね。では、外国ではどうなのでしょうか?本家本元のやり方が分かる本を何冊か紹介します…

【自然 脅威 本】自然の驚異に翻弄されながらもたくましく生きる人々

現代の私達は毎日食べるものに困ることもなく、贅沢さえ言わなければ生きていくことは、そう難しいことではありません。でもその食べていくというこにさえ毎日、悩む日々を過ごした人が、そんなに遠くない過去に存在したのです。そんな人々のたくましい生き…

【太陽 物語】太陽系の謎、不思議が書かれた、おすすめ小説まとめ

大地にエネルギーを与えてくれる温かい太陽。「あの人は太陽みたいに明るい人だ」と人格を表すポジティブな比喩として使用されたり、日の出を拝んだり、太陽には誕生や活気溢れる象徴としてのイメージがあります。 「お天道様が見ているよ」というふうに、万…

【星座 物語】星座にまつわるロマンチックな話。おすすめ12星座本。

古代の人が空を見上げ、星と星をつないで動物や人になぞらえた星座。季節によって形を変え、その日だけ輝きが強い星があったり。 人々は星空を見上げ物語をつくってきました。神話から発生した星座占いは毎日朝の報道番組で見かけるほど人気があります。そん…

【感覚 研ぎ澄ます 本】感覚が研ぎ澄まされる本、おすすめ本まとめ

何かを純粋にあるがままにとらえること、感じ、受け入れること。物事を理解するには自分のフィルターを通してしか判断できず、個人の体験によって受け入れ方も違うので邪念が入ってしまうもの。 恐いものは避けたいし、なるべく分かりやすく答えが分かるもの…

【匂い 記憶 思い出す】匂いを感じる本、おすすめ本3選【プルースト効果】

読書好きの方なら「プルースト効果」という言葉を聞いたことがあると思います。名作「失われたときを求めて」のなかで、香りとともに幼少期の思い出を思い出すというシーンから香りと脳は強いつながりがあり、人間の本能的な行動や記憶と強く結びついている…

【霧 おすすめ 本】霧がテーマのおすすめ小説。霧の向こう側の世界。

うすもやがかった景色。一歩先には何があるのか分からない恐怖。霧というミステリアスなキーワードは文学の中でよく登場します。今回は霧を扱った作品を紹介いたします。クリアではない世界、正解がない迷いの壁に突き当たっている方、どこか遠くを彷徨いた…

【星 宇宙 小説】キラキラお星さまに願いを込めて。おすすめ本【ロマンチック】

夜空を見上げても、都会では星が見えず、わざわざ郊外に出かけないと星と共に夜を過ごすことができなくなってしまいました。天体観測が好きな方、ロマンチックな気分に浸りたい方におすすめの、ページを開けば輝く星に出会える本を紹介いたします。七夕以外…

【鏡 不思議 おすすめ 本】鏡がカギとなるミラー小説

自らを映し出す鏡。そこにいるのは確かに自分だけど、見える世界は真逆。鏡の向こうの世界と自分が見ている世界は果たして一緒なのか・・・。「鏡の国のアリス」をはじめ、文学で重要なメタファーとしてよく使われている鏡。今回は、鏡がカギとなって物語が…

【影 おすすめ 本】影の存在をモチーフにした小説まとめ。シャドウ好きにおすすめ。

光があるところには影がある。自分そっくりで、どこまでも追いかけてくる影。真っ暗闇では消える影。見えていなくても、自分が存在する限り、必ずそこに存在するもう一人の自分。今回は「影」をモチーフにした小説を紹介いたします。 「影をなくした男」 影…

【美しい 女性 小説】妖しくも美しい女性たちが登場するおすすめ小説3選

日本の文豪がえがいた魅力的な女性。透きとおるような儚く美しい、どこか影のあるような妖しく美しい日本女性。そこに存在するのかしないのかさえ分からなくなるような幻想的な世界観と女性の美しさがあいまって、不思議な世界観をつくりだしている小説です…

【宇宙って本当にあるの?】宇宙がテーマのおもしろい本まとめ。 子供にも読んでほしいおすすめ。

果てしなく広がる宇宙。遠い空に想いを馳せて、ちっぽけな自分の存在を感じるも良し、ロマンに夢を描くのも良し。神秘的でどこまでも広がっていく無限の世界。手元にある本から宇宙に想いを膨らませてみませんか?文系の方でもすんなり読み進めることができ…

【ラテンアメリカ 本 おすすめ】ラテンアメリカ文学でマジックリアリズムを感じたい人へ。おすすめ関連本まとめ。

1960年代からブームとなったラテン・アメリカ文学。日常と非現実、伝承と神話との不可思議な融合は、「魔術的リアリズム」とも呼ばれ、その独特な世界観にどっぷりはまってしまう人も。幻想的な悪夢のような世界はダリの絵画を彷彿とさせられ、シュールリア…

【京都旅行 おすすめ 小説】はんなり。京都がテーマのおすすめ本4選。

歴史と伝統が今なお残る街、美しい街並が魅力の京都。日本の良き昔ながらの文化が今なお色濃く残る街です。四季折々の顔をのぞかせ、訪れる度に表情を変えるのも魅力の一つ。今回は、そんな京都を舞台とした小説を紹介いたします。 「古都」 古都 (新潮文庫)…

【読み聞かせ おすすめ 絵本】寝る前のベッドタイムに最適。月がテーマの絵本おすすめ4選。

お月さまは神秘的。毎日毎日そこにいて、形をかえていく不思議さ。太陽のように派手に存在を主張するわけではないけど、たしかにそこにいて輝いて見守ってくれる存在。お子さまへの読み聞かせだけではなく、大人の方のベッドタイム読書に、お月見の季節にも…

【ミュージカル 原作 おすすめ】名作ミュージカルの原作を読んで見たい人へ。おすすめ本3選。

最近、ミュージカル映画もたくさん制作されていることから、劇中で感情高らかに歌って踊るというエンターテイメントとしてのミュージカルに興味がある方、増えているのではないでしょうか?原作には歌や踊りはありませんが、原作なりの魅力がたくさんつまっ…

【睡眠負債 対策 おすすめ本】良い睡眠とは?「眠る」がテーマ本5選。

ねむり。束の間の休息。ねむらずに生きていくことは不可能です。数々の文学や小説でもねむりをテーマにした作品は多くあります。今回は、そのなかでもねむることが楽しみになる本を選びました。眠るのがもったいない、時間のムダと考えている人こそ手にとっ…

【フクロウ かわいい 本】森の哲学者フクロウについて書かれた本まとめ。ふくろう好きにおすすめ。

鳥を飼っている人は分かると思いますが、ずっと顔を眺めていても飽きないですよね。目や首をキョロキョロ動かして、いったい何を考えているんだろうと思ってしまいます。そんな鳥の生態、フクロウの生態について書かれた本をご紹介します。 『ふくろうくん』…

【生命の神秘 赤ちゃん 本】生命の神秘について描かれたおすすめ本3選。

神さまがいるかどうかは別として、命が生まれ、育っていくこんな複雑な仕組みを誰がどうやって作ったのか、疑問に思うときがあります。そんななぞに満ちた様々な生物の様子を描いた本を紹介します。 『たまごのはなし かしこくておしゃれでふしぎな小さな命 …

【海外 興味 おすすめ本】海外に興味がある人におすすめ本3選。仕事や旅行に興味ある人へ。

卒業旅行のシーズンになると滅多にいけない海外旅行の計画を立てる大学生は多いでしょう。もちろん日本国内にだって、まだまだ知らないところは多いのですが時間に余裕があるうちに海外に見聞をひろめることはいいことです。その際にもしかしたら参考になる…

【赤ちゃんが産まれるまで 本】赤ちゃんが産まれる前に。家族で読んでほしい、おすすめ本3選

あかちゃんって、自分の子じゃなくても可愛くて守りたくなりますね。出会う人をみんな幸せにするパワーを持った素晴らしい存在です。あかちゃんという存在を感じてみたい、そんな本を紹介します。 『うちにあかちゃんがうまれるの 』 うちにあかちゃんがうま…

【きのこ好き おすすめ本】きのこ、胞子フェチと文体マニアにおすすめ本3選

今回は、少しマニアックな本を紹介。 きのこ、胞子の本は理学系の大学生に、文体練習は文学部の大学生には必読書と言えるのではないでしょうか。もちろん専攻外の学生にもオススメです。 『きのこ文学名作選』 きのこ文学名作選 著・飯沢耕太郎写真評論家と…

【時代小説 おすすめ】思わず引き込まれる。ファンタジー時代小説おすすめ本!

練り上げられた設定、緻密な描写、のめり込める要素が盛りだくさんのファンタジー時代小説は、大人も子供も楽しめること請け合い! 全てを忘れて空想世界に入り込める、そんなファンタジー時代小説をご紹介します。 燦〈1〉風の刃 燦〈1〉風の刃 (文春文庫) …

【妖怪×謎解き おすすめ小説】妖怪と謎解きのおすすめ本、ロジックとファンタジーの狭間【女性向け】

推理小説とは合理的で大人の読み物で、ファンタジーは荒唐無稽で子供の夢。なんとなくそんなイメージがないでしょうか。 今回皆様にオススメさせていただきたいのは一見そんな交わり合わない様な二つがうまく組み合わさった本の三選です。 実は推理小説と妖…

【呪術 本 おすすめ】呪術、妖怪に興味ある人に読んでもらいたい本3選

『東京スカイツリーと東京タワー[鬼門の塔]と[裏鬼門の塔]』 東京スカイツリーと東京タワー―鬼門の塔と裏鬼門の塔 細野透 東京スカイツリーが皇居から見たときに、鬼門と呼ばれる北東の方向にそびえ立っていることに、お気づきの方はあまり多くないでし…

【脳 本 おすすめ】「脳の仕組みはどこまで解明されているのか?」が分かるオススメ本

『意識は傍観者である 脳の知られざる営み』 意識は傍観者である: 脳の知られざる営み (ハヤカワ・ポピュラーサイエンス) デイヴィッド・イーグルマン 我々が自分の意識によってなされたと思っている決断の、どれほどが本当に自分の意思に基づいているのか。…

【自然 本 おすすめ】自然の神秘に触れたくなる、おすすめネイチャー本

『野生のオーケストラが聞こえる』 野生のオーケストラが聴こえる―― サウンドスケープ生態学と音楽の起源 バーニークラウス 目で見るのが風景と言うならば、耳で聞くのはサウンドスケープ(音風景)といえます。著者は40年以上も自然を録音し続けてきた人で…

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy