ほんのむし

読書はみんなのサプリ

懐かしい

【手紙 おすすめ 小説】「手紙」がカギとなる小説三選

「手紙」が物語のカギを握る小説といえば、誰もがまず思い浮かべるのは夏目漱石の「こころ」ではないでしょうか。 前半に登場した謎多き人物が、後半にその全てを手紙という形で独白する――その斬新な構成と展開は色褪せず人々を魅了し、今なお広く読み継がれ…

【おふくろの味 メニュー おすすめ本】なつかしい家庭の味・おすすめレシピ集まとめ

色んな料理があるけど、ふとしたときにやっぱり恋しくなるのがお母さんの味。定番だからこそ、心に染みる味を再現してくれるレシピ集を紹介いたします。 「ちゃぶ台ごはん」 ちゃぶ台ごはん 瀬尾 幸子・作 新書サイズの小さなレシピ本なのに、どこか懐かしい…

【手紙 書き方 小学生】手紙がテーマのおすすめ本。本当に気持ちを伝える手段として手紙を書いてみる。

あなたは最近、手紙って書きましたか?メールやSNS全盛の世の中、なかなかそんな機会はないって人がほとんだと思います。でもあらたまって便箋を前に相手のことを想像しながら書くっていうのもいいものですよ。そんな自分を見つめ直すことにもつながる、お手…

【おじいちゃん おすすめ本】人生の師。祖父がテーマ名作3選。

世の中には人生の師とも呼ぶべき、おじいちゃんがいます。親よりも人生経験があり、しかも自分にとって肉親であるという条件は大きな要素でしょう。そんな大きな存在、祖父について書かれた名作を3冊ご紹介します。 『ハブテトルハブテトラン』 ([な]5-1)ハ…

【視野を広げる 本 おすすめ】視点を変えたい、そんな時に読んで欲しい本まとめ。

自我というものが芽生えてくると、自分と他人とを区別することを覚え自分の視点、他人の視点というものが存在することを自覚していきます。いったん、こういう視点を持つと意外に他の見方というものをなくしてしまう傾向がありますね。そんなときに頭の柔軟…

【兄弟愛 絵本 おすすめ】友情、兄弟愛がテーマ。感動おすすめ絵本、読み聞かせにも最適。

友人というものは貴重なものですね。困ったときはときは励まし合い、嬉しいときは共に喜びあうことができます。そんな関係を描いた絵本を紹介します。 『ふたりはともだち』 ふたりはともだち (ミセスこどもの本) 著・アーノルド・ローベルがまくんを玄関の…

【ノスタルジック 本 おすすめ】ノスタルジックな青春を感じたい時におすすめな一冊

今回紹介したい本は「風の歌を聴け」。村上春樹小説です。 村上春樹と聞くと難しいというイメージがある人がたくさんいるかもしれません。ただ文字通りに解釈すればいいのです。 特にこの「風の歌を聴け」は村上春樹のデビュー作で、当時の時代背景が美しく…

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy