ほんのむし

読書はみんなのサプリ

【子供 夢中 本】読み聞かせで、子供の目がキラキラ輝く。おすすめ名作書籍

奇想天外なストーリーって子どもたちは大好きですよね。おとなになると変に常識が身に付いてきて「そんな馬鹿な!」って
一笑に付すことだって、子どもたちは素直だから「それでそれで?」って続きをねだります。
そんな読み聞かせにピッタリの本をご紹介します。

 

『ひみつのひきだしあけた?』

ひみつのひきだしあけた? (PHPにこにこえほん)

著・あまんきみこ
チイばあちゃんは、とらねこのとらたとふたりぐらしです。桜色の毛糸を見つけたチイばあちゃんは、ベレー帽を編もうとかぎ針をさがしましたが、みつかりません。
古い机の引き出しを開けてみると、いろいろなものが入っていました。チイばあちゃんには、なんでもかんでもそこに入れるくせがあるからです。引き出しは、するするするする引っ張れば引っ張るだけ開いていきます。
部屋いっぱいに伸びても、まだ開ききりません。しかたなく、チイばあちゃんは壁に穴を開けることにしました。
読み聞かせると、引き出しがどこまでも伸びるページで子どもたちは目を見張ります。家の外まで伸びていく引き出しの中に入っているものは、子どもにとっての宝物です。

 

『きのうの夜、おとうさんがおそく帰った、そのわけは......』

きのうの夜、おとうさんがおそく帰った、そのわけは…

著・市川宣子
あっくんのおとうさんは、きのうの夜、おそく帰ってきました。大急ぎで走っていたら、大きなスコップが落ちていて、躓いて転んでしまったんですって。
そうしたら、そばにモグラがいて、おとうさんのくせにかっこわるいってばかにするから、くやしくて、どこまでも深い穴を掘ってみせたんですって。おとうさん、だから遅くなったの?ほんとかな?
父さんのほら話がいかにも本当にありそうに語られ、子どもを楽しませます。

 

『クマのプーさん』

クマのプーさん (岩波少年文庫 (008))

著・A・A・ミルン
ある朝、プーが歌いながら森を歩いていると、砂の土手にウサギの穴をみつけました。プーは、むりやり穴を通りぬけて、友だちを訪問しました。ウサギが「なにかひと口どう?」と言ってくれたので、プーは夢中になって食べました。
それから、お暇しようと、穴から這い出しにかかりました。ところが、なんとまんなかで詰まってしまいました!前にも、うしろにもいけません。「あ、いやんなっちゃう!」と、プーはいいました。
著者のミルンが、息子のクリストファー・ロビンのぬいぐるみたちを主人公にお話を語って聞かせたのが、この物語のもととなっているのです。幼い子どもから大人まで楽しめる作品です。

 

好奇心旺盛なお子さんをお持ちの親御さんには是非、手にとっていただきたい本です。
でも、普段は本に興味を示さないお子さんにもオススメの絵本ですよ。

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy