ほんのむし

読書はみんなのサプリ

【読み聞かせ 想像力】奇想天外な話が書かれたおすすめ本。読み聞かせに最適。

 子供も幼稚園や保育園を卒園して、そろそろ就学しようかという時期になると
これまでの単純な絵本ではなかなか満足しなくなってきますね。
そんなときに少し長いけど読み応えのあるお話を、オススメします。

 

『ふしぎなたいこ』

 

ふしぎなたいこ―にほんむかしばなし (岩波の子どもの本)

著・石井桃子
むかし、げんごろうさんが、不思議な太鼓を持っていました。太鼓をたたいて、鼻を高くしたり、低くしたりできるのです。ある日、げんごろうさんは、鼻がどのくらい伸びるか、試したくなりました。野原に寝転んで、伸ばしてみると、鼻は、雲を通って、天の川まで届きました。
天国では、ちょうど大工さんたちが、天の川に橋を架けているところ。大工さんは鼻を、欄干に縛りつけてしまいました。
琵琶湖にいるゲンゴロウブナのいわれ話です。。日本の昔ばなしを3編収めた本書は、60年にわたって子どもたちによろこばれてきた。洒脱でユーモラスな絵もぴったりで読み聞かせにもオススメです。

 

『子どもに語るアラビアンナイト』

 

子どもに語るアラビアンナイト

著・西尾哲夫
むかし、ペルシアの国のお妃まが、王様のために、毎夜お話を語りつづけました。どのお話も、ふしぎに満ちていました。とりわけ、大空を飛ぶことについては。市場で空飛ぶじゅうたんを買った王子は、そのじゅうたんのおかげで女王の命を救います。ロック鳥の足に体を結びつけたシンドバットは、空を飛んでダイヤモンドの谷を見つけます。
王子は、空高く飛んで遠いベンガルの国の王女と出会います。あなたも、お話のじゅうたんに乗ってみませんか?
アラビアンナイトの研究者の協力を得て、子どもたちへの読み聞かせなどにも向くように、短くまとめたお話が入っています。

 

『ニルスのふしぎな旅』

 

ニルスのふしぎな旅〈上〉 (福音館古典童話シリーズ 39)

著・セルマ・ラーゲルレーヴ
ニルスは、トムテをつかまえていじめたために、魔法で小人にされてしまいました。おとうさんたちが大切にしているガチョウのモルテンが、ガンの群れとともに飛び立つのを見て、二ルスはとっさにモルテンをつかまえました。でも、モルテンの首につかまったまま、あっというまに空高く舞い上がってしまいました。はるか下には、チェック模様の大きな布が広がっています。
チェックのひとつひとつは、畑や牧場でした。こうして、ガンとともに北のラップランドをめざす旅が始まります。
各地の伝承や歴史、自然を織り込んだ見事な物語です。本書は、スウェーデンの子どもたちが楽しく地理を学ぶために書かれたものだが、その意図を越えて世界中で愛読されています。大部だが、読みとおしてみると、さまざまなドラマが隠されていることにも気づくでしょう。

 

読み聞かせをしていると気付くのは、これは文字が多いからなとか、この子にはまだ早いかなと思っていても意外と大丈夫なことです。
子供は親が思うよりも早く成長していて、どんな本を読んであげてもしっかり受け止めてくれるのです。

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy