ほんのむし

読書はみんなのサプリ

【感情移入 読み聞かせ おすすめ】読み聞かせをしていて感情移入できる本。おすすめ3冊。

幼年期の読み聞かせって、読んでる親の方も楽しいですよね。
特に子供が絵本の世界にどっぷり浸かっているのを見ると、とても読み甲斐があります。
そんな子供の読み聞かせにピッタリの本をご紹介します。

『おかあさんになったつもり』

おかあさんになったつもり (おはなしひろば)

著・森山京
うさぎのおかあさんが、おばあさんのお見舞いに出かけたので、子うさぎはひとりぼっちでおるすばんです。子うさぎは、「おかあさんになったつもりで、ちゃんとお留守番しているわ」と、やくそくしました。
そこへ、ともだちのこりすときつねがやってきました。3人は、にんじんのスープをつくることにして......。
ひとりで読める幼年童話です。同じ主人公の『こうさぎのジャムつくり』もおすすめたい一冊です。

『ビロードうさぎ』

ビロードのうさぎ

著・マージェリィ・ウィリアムズ
もめんのビロードの布でできたぬいぐるみのうさぎは、はずかしがりやで、ぼうやが持っているたくさんのおもちゃの中では、自分は流行おくれだと思っていました。
でも、親切な木馬が、子ども部屋にはふしぎな魔法が起こることを教えてくれました。おもちゃの持ち主の子どもが、とても長いあいだ、ただのあそび相手ではなく、心からかわいがったら、そのおもちゃは「ほんとうのもの」になるというのです。
『スザンナのお人形』(岩波書店)におさめられた1編を、原書に近いかたちで出版した本です。気品のある挿絵を描いた画家ウイリアムニコルソンは、絵本「かしこいビル」でも知られています。

『ながいながいペンギンの話』

ながいながいペンギンの話 (新・名作の愛蔵版)

著・いぬいとみこ
南極の島で生まれたペンギンのルルとキキは、ふたごのきょうだいです。生まれたときに、くしゅんとくしゃみみをしたのがおにいさんのルル、寒がりやで、なかなかたまごから出たがらなかったのがおとうとのキキです。
おとうさんとおかあさんは、海からオキアミという小さなエビをとってきてくれます。でも、くいしんぼうのルルとキキは、いつもおなかがすいています。
ある日、ルルがひとりで外へ出かけると、おそろしいトウゾクカモメがおそいかかってきました。
著者は、児童書の編集のかたわら多くの作品を発表しました。ほかの代表作に『木かげの家の小人たち」「北極のムーシカミーシカ」もあります。読み聞かせをしているお母さんにおすすめです。

読書体験は幼児期の読み聞かせから始まるとも言われるくらい、寝る前に本を読んで聞かせることは大事なことなのです。
そんな読み聞かせをルーチンのものにせずに、ぜひ楽しいイベントにしてくださいね。

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy