ほんのむし

読書はみんなのサプリ

純文学

常識を疑う。社会人におすすめ、常識にとらわれないおすすめ本3選

世の中には、「日本人としてこうあるべきだ」とかいい年をした大人がそんなことをしてはいけないなんていう言葉が溢れかえっています。でもたまにはそういう常識というものを疑ってみてはどうでしょうか。そんな頭を柔らかくしてくれる3冊をご紹介します。 …

「名前だけは知ってるけど読んだことのない」おすすめ名作本3選

学生時代、子供時代には小説に触れることがなかった人も大人になったからこそ良さが分かるかもしれません。そんな名作を3冊ご紹介します。 『新編 宮沢賢治詩集』 新編宮沢賢治詩集 (新潮文庫) 著・宮沢賢治宮沢賢治の生前に出版された唯一の心象スケッチで…

思わずゾッとする本、怪奇色の強い文学作品おすすめ3選

怖いものや恐ろしいものには、どこか人を惹きつける魅力があります。小説の世界でもホラー小説や怪奇小説は人気ジャンルの一つで、一大勢力をを築いていますよね。今回はそんな怪奇色の強い小説の中から、文芸というよりは文学に寄ったセレクトで三作品ご紹…

古いけど新しい!おすすめロシア、イギリス文学本

「アンナカレーニナ」 アンナ・カレーニナ 1 (光文社古典新訳文庫) ロシア文学のアンナカレーニナ。主人公アンナはなんという憎たらしい性格なのだろうとあきれます。いい人になっていくのかと思いきや最後まで変わりません。自分勝手でこんな奥さんではた…

『こころ』以外におすすめする夏目漱石の小説

旧千円札にもその肖像が使用されていた明治の文豪の一人である夏目漱石。しかし、高校の教科書で採用されている『こころ』以外の本は読んだことがないという方もいらっしゃるかもしれません。今回は、大学生、社会人にもおすすめする『こころ』以外の夏目漱…

純文学に興味がない方にもおすすめ、太宰治の小説4選

純文学に興味がない大学生、社会人にオススメなのは、やはり太宰治の小説です。 今回は、太宰治から特におすすめの4冊を紹介します。 「人間失格」 人間失格 (集英社文庫) まずは「人間失格」。 興味のない人でも一度でも名前は聞いたことがあるはずです。人…

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy