ほんのむし

読書はみんなのサプリ

児童書「デルトラクエスト」シリーズが今おすすめ

私がオススメする本はエミリーロッタ作の児童書、「デルトラクエスト」シリーズです。8巻からなる第1シリーズ、3巻からなる第2シリーズ、4巻からなる第3シリーズで構成されています。
大学生や社会人の方にも是非読んでほしいです。
この中から第1シリーズより「デルトラクエスト 1沈黙の森」「デルトラクエスト 8帰還」を、第2シリーズより「デルトラクエスト2シリーズ 1秘密の海」をまとめました。

 

 

デルトラ・クエスト〈完全版〉(全17)

「デルトラクエスト 1沈黙の森」

デルトラ・クエストI (1) 沈黙の森

まずは「沈黙の森」です。まずはこの物語のあらすじからご紹介します。
物語の舞台となるデルトラ王国は王家に伝わる7つの宝石とそれらをはめこまれたベルトによって敵国「影の王国」の侵攻から守っていました。
しかし、影の王国の策略によりそのベルトは破壊され7つの宝石は壊されることはなかったものの7つの魔境に隠されてしまいます。
第1シリーズは、影の大王がデルトラ王国を支配してから16年後の物語です。鍛冶屋の息子・リーフはデルトラを救うためにデル城の元衛兵・バルダとともに7つを宝石を探すため旅に出ます。
「沈黙の森」はこの物語のプロローグです。この話は主人公・リーフの考え方の変化も楽しめる作品だと思うので、旅に出たばかりの幼いリーフの心境を覚えておくと後のシリーズもさらに楽しめると思います。

「デルトラクエスト 8帰還」

デルトラ・クエストI (8) 帰還

次は「帰還」です。この話は宝石を7つ集め終わった一行がベルトの力を扱える王の子を探すため、出発点だったデルの街に帰還します。
この「帰還」は今まで明かされなかった謎が、一気に明らかになります。

 

「デルトラクエスト2シリーズ 1秘密の海」

 

デルトラ・クエスト2 (1) 秘密の海

最後は第2シリーズの「秘密の海」です。第2シリーズは影の王国に奴隷として連れ去られてしまったデルトラ国民を助ける物語になります。
この話の見どころは、今まで主人公のリーフ目線で物語が語られていましたが第2シリーズではリーフと行動を共にする少女・ジャスミン目線で物語が語られる点です。

さいごに

児童書なので私も小学生時代によく読んでいました。懐かしくて最近改めて読み返しましたが、キャラクターの心境の変化や王のためではなく自由のために戦う登場人物の精神など、今読んだからこそ楽しめる、理解できる内容も多くありました。

簡単な文章だからこそ、考えさせられるというのも面白い点だと思います。

いかがでしたでしょうか。リーフたちの勇気に心を打たれる作品だと思います。
ぜひ読んでみてください。

 

 

デルトラ・クエスト〈完全版〉(全17)

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy