ほんのむし

読書はみんなのサプリ

【ハードボイルド小説 おすすめ】海外ハードボイルド本おすすめ3選【怖気が走る】

事件とロマンスある所に、ハードボイルドな名探偵あり!

骨太なアクションに怖気が走るような描写、裏社会の有象無象が入り乱れる、夢中で読めるダイナミックなハードボイルドをご紹介します!

 

『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女(上・下合本版) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

まずは『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』。何度か映画化された話題作ですが、メディア化されるだけあってとても面白いシリーズの第一作です。特に調査員として出てくるリスベット・サランデルは強烈な個性を持ったキャラクターで、抜群に良いです。

シリーズ途中で元々の作者は逝去されましたが、別の方が意志を継いで書いた続きも良作◎今作を読んでリスベットに魅了された方は、彼女のその後を追うためにも是非どうぞ。

 

『ストリート・キッズ』

ストリート・キッズ (創元推理文庫)

続いては『ストリート・キッズ』。

大学院生のニール・ケアリーの裏の顔、それは裏組織の探偵業!一度は足を洗おうとするものの、自分を路上のスリ業から救い出してくれた養父・グレアムの頼みは断れず、今回もまたニールは複雑な事件に身を投じます…。ウィットにとんだ会話にピンチをチャンスに変える素晴らしい機転、若者特有の感傷的な心を携えたニール・ケアリーが大好きなシリーズでした。

またグレアムのニールにかける分かりにくい愛情も素敵で、シリーズ続刊全て読み終えると、これは父と子の物語でもあるんだな、としみじみ思える良作です。

 

『ボビーZの気怠く優雅な人生』

ボビーZの気怠く優雅な人生 (角川文庫)

最後は『ボビーZの気怠く優雅な人生』。災厄続きのティムが生き残る活路はただ一つ、麻薬カルテルの帝王・ボビーZに成りすますこと!しかしひょんなことから、ボビー本人の子供を連れて、砂漠で逃走劇を繰り広げる羽目になってしまいます。果たしてティムは生き延びることが出来るのか…!展開はスピーディでさくさく読み進められます。バイクでのチェイスシーンや銃撃戦などのハラハラドキドキさせる場面をふんだんに織り交ぜた、サービス精神旺盛な分かりやすい爽快なエンタメ作品です。

気骨溢れる主人公たちと、いざ!タフでクールな物語の世界に出発しましょう!

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy