ほんのむし

読書はみんなのサプリ

【フェルマーの最終定理 本】文系に特におすすめ本、「フェルマーの最終定理」

特に文系の方に読んでほしい。

フェルマーの最終定理、と聞くと読書好きの方、文系の方はなんとなく難しそうと思ったりすると思います。
私もその一人でした。数学なんて大キライで一番の苦手分野。

理系とは程遠い人間だからです。しかしレビューを見てみると文系でも楽しく読めましたという感想が多々あり、私にも読めるかもしれないと手に取ったのが最初でした。

 

フェルマーの最終定理

フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

勇気を振り絞って読んでみるととても面白い。時々、数式など出てくるけれどその辺はしっかり理解できなくてもちゃんと楽しめるように構成されていました。
著者がジャーナリストということもあり、私たち一般人にもわかりやすくそして飽きさせない文体でした。
読後は私は数学者にとても興味を持つようになっていました。数学には興味は持てませんでしたが。数学者ってとても魅力的だし私たちの未知の世界というようなイメージでまさにその通りで、そしてとても貴重な存在だと思いました。

 

数学界の壮大なドラマ

フェルマーの最終定理は数式のお話というよりほぼ数学の歴史なのでそれがまたとても面白いのです。数学者の小説や映画はたくさん世に出回っていますがフェルマーの最終定理を読むだけでも時系列などすぐに理解できるようになりました。
よく人にもフェルマーの最終定理を進めますがやはり文系人にはハードルが高いジャンルでなかなか読んでくれる人は少ないですが本当におすすめです。自分の世界が少し広がると思います。

フェルマーの最終定理だけの話ではなくフィボナッチ数列などその他の数学の歴史的発見もたくさん紹介されていて数学がよくわからない私にも、なんて数学は美しいのだと思わされました。

 

 

数学ガール/フェルマーの最終定理 (数学ガールシリーズ 2)

最後に

自分が数学などもっとできればなぁと少し後悔しますが、そこは天才に任せましょう。フェルマーの最終定理、最後それが解けた時の感動はまさに映画を見ているようなリアル感に溢れていました。

感動しました。大学生はもちろん、社会人が読んでもとても面白く全く手遅れでもないのでぜひお勧めします。

天才数学者たちが挑んだ最大の難問―フェルマーの最終定理が解けるまで (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy