ほんのむし

読書はみんなのサプリ

常識を疑うエピソードが描かれたおすすめ本3選。ビジネスにも役立つ思考術。

社会人になってみると、世の中のいろいろなしくみに戸惑うことが多いですね。
そして、それを知らないと常識がないなどと言われたりするのです。
そんな経験を持つ若い社会人に読んでほしい本です。

 

『とびだせチンタマン』

 

とびだせ!チンタマン

著・板橋雅弘
男の子のパンツの中からちんちんとたまたまが飛び出し、正義の味方チンタマンとなって大活躍します。
果たして世界を救えるのか。男の子とおちんちんに強い絆を描いたユーモラスな絵本です。
この本をきっかけに話しづらかったおちんちんのことを息子と話すきっかけになるというお母さんもいます。
また友人の子供にネタとしてプレゼントしたところ、以外にもきちんとした内容だったらしく喜ばれたという例もあります。
一見、子供の絵本なんてと思われるかもしれませんが、これが意外と社会生活で役に立つのです。

 

『松浦弥太郎の仕事術』

 

松浦弥太郎の仕事術 (朝日文庫)

著・松浦弥太郎
暮らしの手帖の編集長は文筆家、書店店主など多方面で活躍する松浦弥太郎さん。彼自身が仕事をする上で日々心がけ実践していることが明らかになりました。
仕事とは自分を役立てることです、会議は行わない、 PC より頭と手を使う、いらない情報は遮断する、自主性はオフの日に訓練する、あえて距離を縮めない、いい仕事をするために遊ぶ、など働き方を通して生き方のヒントにもなる一冊です。
仕事がマンネリだなと悩んでる社会人の方にオススメの本です。

 

『できる大人のモノの言い方大全』

 

きる大人のモノの言い方大全

著・話題の達人倶楽部
褒める、もてなす、気遣う、きく、頼む、断る、反論する、謝るなど様々なシチュエーションで使える物事を円滑に進める絶妙な言い回しを一挙大公開しています。
一生使えるひみつのフレーズ辞典です。日本は本当に生きにくい国なので、少しでも助けになればという気持ちの著者の気持ちが伝わってきます。
新入社員でまだまだ社会の仕組みや礼儀なんて知らないなと思っている社会人の方にオススメのマニュアル集です。

 

これさえ知っておけば大丈夫ということは世の中にはありません。
どんなに知識を蓄えてもあらたな問題は次々と襲ってきます。
でも備えあれば憂いなしです。ぜひ一読をおすすめします。

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy