ほんのむし

読書はみんなのサプリ

著名人が答える一問一答の本

特に不満があるわけでもないけど、今のままでいいのかもわからない…そんな、自分の中にあるモヤモヤに効き目があるのが、本を読むことです。
特に私がおすすめしたいのは、一般の読者たちからの質問に著名人が直接回答している、一問一答をまとめた本です。文筆を生業とする著名人たちの率直かつ型にはまらない回答が、知らず知らずに凝り固まっていたあなたの脳に刺激を与え、モヤモヤを吹き飛ばすきっかけになり得るかもしれません。

 

「谷川俊太郎 質問箱」

星空の谷川俊太郎質問箱

一冊目は「谷川俊太郎 質問箱」(谷川俊太郎著、江田ななえ 絵)。著者である谷川氏がWebサイト“ほぼ日刊イトイ新聞”で連載していた、読者から寄せられた質問に答えるコーナー「質問箱」を一冊にまとめたものがこちらの書籍です。
“おなかがすいたら何を食べますか?”“好みの女性像は?”というたわいのない質問から“好きな気持ちはどうして終わってしまうの?”“死んだ人にはいつか会えますか?”といった核心を突く質問まで、バラエティ豊かな質問が揃っています。現代を代表する詩人として広く知られる著者が、これらの質問にどのように答えたのか興味が湧いてきませんか?ぜひ、実際に本を手に取って、確かめてみて下さい。

 

「村上さんのところ」

村上さんのところ (新潮文庫)

二冊目は「村上さんのところ」(村上春樹著、フジモトマサル絵)。世界中に愛読者を持つ著者が2015年に期間限定サイトを開設し、読者からの質問を受け付けて公開していた回答を一冊にまとめたものが、こちらの書籍です。
“ノーベル賞候補と騒がれていることをどう思う?”“好きな映画ベスト3は?”という世俗的な質問から、“セクシーランジェリーの正しい活用法は?”“同棲しているマネキンとどうやって別れればいい?”といったユーモラスなものまで、幅広い種類の質問が取り揃えられています。対する著者の、ユニークで思わずクスッと笑ってしまう見事な回答は、読みごたえ抜群です!

 

「人生パンク道場」

人生パンク道場

三冊目は「人生パンク道場」(町田康著)。かつてINUというパンクバンドでカリスマ的な存在感を放っていた“町田町蔵”が文筆家となり“町田康”に成った、という経緯はご存知でしょうか?その著者が、読者から寄せられた相談に回答をしている一冊です。
「パンク」と冠されたタイトルとは裏腹に、生来の生真面目な性格からか丁寧かつ誠実な回答揃いであり、かといってよくある優等生的な回答では決してないところが非常に良く、是が非でもおすすめしたいと思う次第です。
特に“ペットロス”の相談に対する、自身の体験も踏まえた真摯な回答には、ペットを飼っている方なら誰もが思わず涙してしまうのではないでしょうか。ぜひ一度手に取って読んで頂きたいです。


以上が、私がおすすめする「著名人が答える一問一答の本」です。どの本も一問ずつ短く区切られて構成されていて、時間が空いた時にさっと読み進めるのには最適なものばかりです。なんとなく気分が晴れない時には、ぜひ活用してみて下さい。

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy