ほんのむし

読書はみんなのサプリ

「太宰治初心者」にオススメの一冊

太宰治は言わずと知れた文豪ですが、彼の著書でも特にオススメなのが「女生徒」という短編小説です。

 

女生徒 (角川文庫)

どんな本か
これは太宰治が女性読者から送られた日記をもとにして、14歳の女の子になりきった独白体で展開される作品ですが、女性の日記をもとにしたこともあり思春期の女子の心情を見事に表現しており、学生が読むとなんだか自分を見透かされたような恥ずかしい気持ちになり、社会人になって読むと自身の青春時代を読んでいるような懐かしい気分になります。

 

特にこんな方におすすめ
私がこの本を最初に読んだのは大学生の時でしたが、自分の14歳の時を描かれているような気がして感動したのを覚えています。
中学生という年齢はちょうど思春期に入る時期であり、いろんなことに疑問を持ち始めたり、自分の考えをもつようになったり、小さな反抗心が生まれるそんな時期です。
そんな思春期特有の複雑な心情を太宰治は驚くほどうまく表現しており、朝起きた時のやるせない気持ちや、自分にしかわからない小さなものを大切にする気持ち、1人になりたい気持ち、斜に構えたくなる気持ちなど思春期に誰もが経験したであろう出来事や気持ちを14歳の生活にうまくなぞらえて書いています。
大学を卒業して社会に働きに出た今、もう一度読み返すと違った目線で読むことができるのもおすすめしたい点です。
思春期という時代が遠い昔になった現在、小さかった自分を見ているようで愛おしくまた心をぎゅっと掴まされたような切ない気持ちになります。

 

女生徒 (角川文庫)

最後に

小説は一度読んだらおわり、もう一度読み直すことはなかなかないと思うが、この「女生徒」は最低でも二回、時間をあけて読むことをおすすめしたいです。
最初に読んだ時の年齢が若ければ若いほど、また二回目に読んだ時の年齢が最初に読んだ年齢から離れれば離れるほど、自分の成長や老いを小説を読んだ時の心情から感じ取ることができます。
太宰治など昔の文豪の作品はなかなか手に取りづらい印象ではあるが、この短編小説からぜひ太宰治の世界に浸ってみてください。

 

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy