ほんのむし

読書はみんなのサプリ

【OLおすすめ】今や当たり前、働くオトナ女子漫画3選

一昔前までは漫画でもドラマでも、独身女性を主人公にした物語では仕事は結婚をするまでの繋ぎのような扱いをされるのが当然でした。しかし昨今では女性が結婚後も仕事を続けることが増え、独身女性が一生ものの技術を身に付ける姿が物語の中で描かれることも多くなっています。

そんな、働くかっこいい、でも等身大なオトナ女子漫画を3作集めてみました。

 

「パティスリーMON」

パティスリーMON 1 (クイーンズコミックスDIGITAL)

全11巻 きら
お菓子作りが趣味で男性経験のない主人公が、初恋の相手である男性に誘われてケーキ屋でパティシエとして働くというお話。

そんな設定から見える主人公の行動理由はきわめて乙女チックですが、パティシエというのは力仕事が多いし上司は職人肌というガテンな世界。

真面目な主人公はそこで職人として成長しながら、自身の女性としての願望や姿ともきちんと向き合います。一人の女性の中に乙女チックな要素と仕事に奮闘する要素は両立するのだと証明した漫画。

 

「そこをなんとか」

そこをなんとか 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)

〜14巻(未完)麻生みこと
元キャバクラ嬢の主人公が新米弁護士として奮闘する姿を描く漫画。刑事でも民事でも法廷劇よりも書類上のやり取りが多く、弁護士としての地味な仕事、だけど人間同士の深くて暗い交わりが、主人公のドライで明るいキャラクターを通じて描かれています。

単行本の途中に入っている作者自身の法廷傍聴録もとても面白いです。

 

「繕い裁つ人」

繕い裁つ人(1) (Kissコミックス)

全6巻 池辺葵
一人で洋裁店を営み、オーダーメイドの服を作る女性とそれにまつわる人々の話。

量産品ではなく依頼人であるその人一人のための服を作り続ける主人公は作中で「頑固じじい」とも呼ばれるストイックな姿勢を貫いています。そんな主人公の仕事を通じて、人にとって服を着るという行為は何なのかが描かれ、主人公に仕事を依頼する女性達の人生の一部にも触れられる、独特の空気が流れている漫画。

 

さいごに

専門的な職業を描く漫画は数多くありますが、やはり男性目線と女性目線では描かれる事柄が違うように感じられます。女性も働くことが当たり前となった今の時代だからこそ楽しめる作品は、これからも増えていくのではないでしょうか。

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy