ほんのむし

読書はみんなのサプリ

10代学生におすすめのライトミステリー本3選

個人的には新本格ミステリーが好きなのですが、あまり理屈っぽいモノ、長い謎解きは得意ではないといった人、特に10代にオススメのライトミステリーを紹介します。

勿論大学生や社会人の人も気軽に楽しめる小説と言えます。

 

「春期限定いちごタルト事件」

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)

米澤 穂信さんの小市民シリーズシリーズの第一弾で小市民を目指している小鳩君とその相棒小佐内さんが日常の不思議を解決するといったストーリーです。

あくまで日常の謎なので殺人事件等はありません。

だから非常にほのぼのとしたミステリーと言えるでしょう。キャラクターが立っているので些細な謎でもキャラの魅力で読むことが出来ます。

 

「クビキリサイクル 青色 サヴァンと戯言遣い」

 

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

西尾維新さんの戯言シリーズは可愛いイラストと強烈なキャラクターが魅力のシリーズです。

先ほどのシリーズと異なりコチラはすごくあっけなく人が死ぬ上に推理はかなりあっさり目で正直ミステリーなのかなと少々悩むところなので面白ければ何でもいいという人にお勧めしたい一冊です。このシリーズの魅力は戯言使いこと「いーちゃん」の言葉遊びにあると言えます。

ちなみにこのいーちゃんは主人公であり、物語の語り手でもありますが最も謎が多い人物で、さらにはその謎は解明されていません。本名さえも出てきていないのですから筋金入りで分からないから知りたくなるというある意味一番ミステリアスな存在。

 

 

「退出ゲーム」

 

退出ゲーム (角川文庫)

初野 晴さんのハルチカシリーズはミステリーというよりも青春モノといった印象の方が強いのですが、化学部から消えた劇薬の行方?といった学生生活の中で幼馴染の2人の周囲の謎解きをしているので大きな括りではミステリーと言えるでしょう。

ミステリーファンには少々物足りないかなとは思いますが、ライトノベルが好き、携帯小説が好きといった人にお勧めできる作品です。シリーズもので各章で話が完結しているのでとても読みやすいと言えますし、シリアスな展開もないので安心して読める作品と言えます。

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy