ほんのむし

読書はみんなのサプリ

子育てに悩み、母親失格かなと悩んだときに読みたい本

子供が言うことを聞かないとついつい大声を出して怒鳴ってしまう。
そしてなんて母親だろうと自己嫌悪に陥ることがあります。
そんなことがあったときに開きたい本です。

 

『ママはテンパリスト』

ママはテンパリスト コミック 全4巻完結セット (愛蔵版コミックス)

著・東村アキコ
29歳で息子ゴッちゃんを出産した著者の東村アキコ。このゴッちゃんはかなりの曲者で3歳を過ぎてもおっぱいをがぶ飲み。
パパのいうことだけ聞くいたずら大好き、なかなか寝ないこんなはじめてづくしの経験に翻弄されながらも奮闘する自身を描いた育児エッセイ漫画です。
ギャグ要素が満載で爆笑できるということから子育てに疲れ気味のお父さんお母さんに特におすすめの一冊です。
仕草や表情言動がうちの子と同じと思える場所があり共感しまくる本でしょう。

 

『自分を選んで生まれてきたよ』

 

自分をえらんで生まれてきたよ

著・いんやくりお
雲の上からママを見てた重度の疾患を持って生まれてきたりおくんが、3歳になった頃から不思議なことを話し出します。
自分が生まれる前に見てきたこと、この世に生まれた素晴らしさ生きること、命の意味、りお君が語る一つ一つの言葉の美しさが私たちの胸に優しく沁み渡ります。
子供が思ったように動いてくれなくてイライラして怒ってしまったり、またそんな自分に反省したり、ゆとりがなく爆発寸前の子育て中のママに読んでほしいです。
そんな時にこの本を手に取るとどの言葉も胸に突き刺さり涙が止まらなくなるでしょう。

 

『そういうふうにできている』

 

そういうふうにできている (新潮文庫)

著・さくらももこ
つわりの中くだらないギャグを考えたり地獄のような便秘に苦しんだり、期待通りのすったもんだを経て頭とお母さんになったまるちゃんの物語です。
さくらももこの妊娠発覚から出産に至るまでをユーモラスに綴った笑えて学べるメッセージ集です。
マタニティブルーをお笑いで吹き飛ばしてくれる抱腹絶倒のエッセイなので、お悩み中のお母さんにぜひ読んでほしい本です。
他にはないテイストのマタニティ本なので妊娠中に笑いが欲しいと思ってる時にぴったりでしょう。

 

大事なことは悩んでいるのは自分だけじゃないんだということに気付くことですね。
みんな悩んで、その日その日を乗り切っているのですから。

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy