ほんのむし

読書はみんなのサプリ

ミステリーマニアにおすすめ。今読みたい推理小説3選。

無性にミステリー、推理小説を読み耽りたいっていう夜があります。
そう、お腹が減ってもトイレに行きたくても、ページをめくる流れを止めたくないってときが。
そんな気分を味わいたいときにオススメの本を3冊紹介します。

 

『アヒルと鴨のコインロッカー』

 

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

著・伊坂幸太郎
大学入学のために引っ越してきたアパートで椎名は隣人である初対面の河崎に一緒に本屋を襲わないかと誘われます。襲撃の目的は一冊の広辞苑を盗むこと。
押しに弱い椎名は、全身黒ずくめで悪魔のような印象を持ついかにも怪しいこの青年の提案になぜか乗ってしまうのです。
決行の当日震える足でモデルガンを握り書店の裏口に立ちます。
現在と過去が同時に描かれるカットバック形式の小説で吉川英治文学新人賞受賞作です。

 

『ハサミ男』

 

ハサミ男 (講談社文庫)

著・殊能将之
美少女を殺害し喉にハサミを突き立てることから、やがて主人公はマスコミではハサミ男と呼ばれるようになります。
第一第二の殺人を実行し第三のターゲットを絞った矢先に謎の別の人物により同じ手口で殺害された犠牲者をハサミ男自らが発見します。
何か秘密があることは分かっているけどこの事実にはなかなかたどり着けないでしょう。つまりトリックがわからないでしょう。
結末を知った後また最初から読み返したくなります。完全に騙されたなと思える本ですよ。
ミステリーマニアの大学生に是非読んで欲しい本ですね。

 

『俺俺』

俺俺 (新潮文庫)

著・星野智幸
ひょんなことからオレオレ詐欺を働いてしまった主人公の俺はいつのまにか違う俺に成り代わっています。
そしてさらに異なる俺がどんどん増えていき、どこもかしこも俺だらけの世界でやがて俺同士は…という展開のちょっと変わった小説です。
アイデンティティの意味を問う現代ホラー小説といえますね。奇想天外なストーリー展開にどんどん引き込まれ、ラストは好みが分かれると思いますが前半だけでも読む価値があるでしょう。
登場人物が俺ばかりでどこの俺?とどんどん混乱しラスト2ページでやっと腑に落ちることでしょう。

 

ミステリーは最初のページを開いてしまったら、もうおしまいなのです。
そこからは動けませんから、トイレに行ってから、お茶とお菓子を用意してから読み始めるべきです。

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy