ほんのむし

読書はみんなのサプリ

入社3年目で疲れた社会人や就職活動で挫けそうな大学生向けのおすすめ本

社会人になってがむしゃらに働いてきたものの、3年ほど経つと息切れして将来について考える節目が訪れることがあります。そのような入社3年目の社会人や就職活動で挫けそうになっている大学生向けに「マンガでわかる 新訳 道は開ける」「仕事観が変わる! ビジネス名言550」「ハーバードからの贈り物」の3冊を紹介いたします。

 

マンガでわかる 新訳 道は開ける

マンガでわかる 新訳 道は開ける

「マンガでわかる 新訳 道は開ける」はデール・カーネギーの名著「道は開ける」を浅野なおさんが漫画にしました。名著を漫画にしたシリーズのうちの1冊です。

内容は社会人ならば誰でも起こりそうな日頃のトラブルを題材にして、わかりやすく解決方法が記されています。アドバイスや本などにより主人公が実践する解決方法の中には、私たちも日頃からわかっていることも多く含まれていると思います。

しかし、実際に実践をするのは難しく、頭ではわかっていても行動には移していないものが多くあるかと思います。社会人だけでなく就職活動がうまく進まず頭を抱えている大学生にも、主人公が実践している解決方法を素直に実践することで、状況が好転することもあります。

また、漫画では物足りない方は、デール・カーネギーの原作を読むことをオススメいたします。

 

仕事観が変わる! ビジネス名言550

仕事観が変わる! ビジネス名言550

「仕事観が変わる! ビジネス名言550」は、様々なシーンで役に立つ名言がたくさん紹介されています。紆余曲折を経て各分野で活躍した人たちの言葉は重みがあり、ビジネスシーンだけではなく人生に役立つ名言が数多くあります。

これから大きなことにチャレンジしようとしている人には「挑戦」の項目が、失敗続きで精神的に疲れてしまっている人には「失敗・挽回」の項目がおすすめです。

 

ハーバードからの贈り物

ハーバードからの贈り物

「ハーバードからの贈り物」は、ハーバード・ビジネススクールの教授陣がMBA課程の若き学生向けにアドバイスしたメッセージをもとにまとめられた本です。

この本はどんなに優秀な人であっても悩む場面があったことや、どのようなきっかけで決断したかなど、人生のヒントをくれます。

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy