ほんのむし

読書はみんなのサプリ

「たゆたえども沈まず」はおすすめ美術小説

「たゆたえども沈まず」は、今乗りに乗っている作家原田マハの一番のおすすめ作品です。

この本は一言で言えば、史実に基づいたフィンセントゴッホの生涯を描いています。ですが、一言で終えられない読み応えです。

 

「たゆたえども沈まず」

 

たゆたえども沈まず

この本の主人公はゴッホの弟である美術商のテオ、そして日本人美術商・加納重吉のであり、ゴッホではありません。

ジャポニズム旋風の巻き起こる19世紀末、モネやルノワールなどの印象派画家が地位を確立し、美術界に革命が起こった後。ゴッホはこれまでのアカデミックな絵画とも印象派たちの光のあふれる絵画とも違う、独自の、そして人の目を引き離さない作品を描きます。ですが世間にはなかなか認められません。

酒に溺れ人付き合いもできず、絵を描くこと以外に何もできない兄ゴッホを側に、苦しみながらも兄をいつまでも支えようと努力するテオ。彼は憎しみや怒りと同時に兄を愛しているのです。

その苦悩の心理描写の移り変わりから目が離せません。

そしてそんな兄弟に一目を置き早くからゴッホの才能に気付いていた加納とその上司林。彼らもゴッホの作品を評価しながらも世間とのズレに苦虫を噛みます。

 

ここがおすすめ

この兄弟と2人の日本人画家の人間関係、そして美術が最高潮に熱狂していたパリこれらが史実に基づく物語であるということが、読者を引きつける最大の魅力です。

何よりゴッホがこんなに日本に惹きつけられ、日本で生きることを熱望していたとは、日本人としては嬉しくもなります。また作品の中にはモネなどの印象派画家が登場したり、ゴッホが実際に描いた作品について触れていたり、今を生きる自分とのつながりも感じられます。

 

さいごに

題材はゴッホという誰もが知る画家で、日本との関係性を深く描いているので誰でも読みやすく、社会人、主婦、大学生、幅広い層の人に楽しんでもらえるはずです。これまで美術に関心のなかった人にこそ読んで貰いたい一冊です。原田マハの作品を読めばこれからきっと美術に興味が湧くことになるでしょう。

たゆたえども沈まず

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy