ほんのむし

読書はみんなのサプリ

怖い

探偵気分になりたい人におすすめ。ゲーム感覚で読める推理小説6選

探偵といえばシャーロック・ホームズ、最近で言えば名探偵コナン、金田一耕助が思い浮かびます。でもそんなコテコテの探偵じゃなくても、肩肘張らずに事件を解決してくれる方が親しみが持てますね。そんなちょっと変わった“探偵”が登場するお話を紹介します…

ドキドキするホラー小説!心が揺さぶられるおすすめ3選

推理小説じゃなくても読んでてドキドキする物語というジャンルがあります。一見、そうは見えないかもしれませんがこの3冊をホラー小説というくくりでまとめてみました。 『嵐が丘』 嵐が丘 (新潮文庫) 著・エミリーブロンテヨークシャーの屋敷、嵐が丘を舞…

極限状態になると人はどうなるのか。「悲惨な環境」がテーマの小説おすすめ3選。

ニュースで悲惨な事件を目にすることがありますが、 こういった人たちも何気ない人間関係のズレであったり、細かい環境の変化によるものだったのかもしれません。 今回は、そんな悲惨な状況を描いた本をご紹介します。 『ねじまき鳥クロニクル』 ねじまき鳥…

恐ろしいことは意外に身近に潜んでいる!おすすめ本3選

自分にはそんなドラマみたいな状況は良しにつけ悪しきにつけ起こらないよ。そう高をくくって人生を送っている人はいませんか。ここの小説に出てくる人たちもそう思ってたけどある日突然という感じだったのかもしれませんよ。 『悪人』 悪人(上) (朝日文庫) …

「悪女」を描いたおすすめ本3選。怖いけど魅力的?

皆さんは悪女というとどんなことを思い浮かべますか?菜々緒さん、妖艶な微笑、放縦な欲望、男を破滅させるファム・ファタール(運命の女)、美しくも残酷な魔性の女性たち……。こんな女性は許せないと思う人がいる反面、ちょっぴり憧れてしまうなんて人もい…

思わずゾッとする本、怪奇色の強い文学作品おすすめ3選

怖いものや恐ろしいものには、どこか人を惹きつける魅力があります。小説の世界でもホラー小説や怪奇小説は人気ジャンルの一つで、一大勢力をを築いていますよね。今回はそんな怪奇色の強い小説の中から、文芸というよりは文学に寄ったセレクトで三作品ご紹…

「ノストラダムスとは?」が理解できる、オススメ本4選

はじめにことわっておきますが、私自身はノストラダムスの大予言をまったく信じていません。また、ここで取り上げる4冊の本は、1冊をのぞいて予言に対しては批判的な立場をとっています。 「トンデモ ノストラダムス本の世界」 トンデモ ノストラダムス本の…

実際に起きた犯罪事件がテーマ!ノンフィクションおすすめ本3選

私がオススメする犯罪ノンフィクションを3冊紹介します。社会人にも読み応えのある、濃い本を紹介しますね。 「消された一家―北九州・連続監禁殺人事件」 消された一家―北九州・連続監禁殺人事件 (新潮文庫) (豊田 正義)私は、犯罪モノの作品が好きでよく…

「現実は厳しい」と感じる、おすすめ本3選

『掏摸(すり)』 掏摸(スリ) (河出文庫) 中村文則 本書にはかなり濃厚な性描写が含まれています。自分にはまだ早い、あるいはそんなもの読みたくないというあなたにはお勧めできません。目を覆いたくなるような暴力シーンもあります。殺人もあり、平気で…

「女の怖さと美しさ」を知ることができるおすすめ本3選

女はいつもしたたかで美しく、それでいて儚い…のか?「女って、…こんなにやばいの?!」本日は、そんな気持ちにさせてくれる、女の「怖さ」と「美しさ」を知れるおすすめの本を3冊紹介したいと思います。 神様のボート/江國香織 神様のボート (新潮文庫) 昔…

超怖くておもしろい!おすすめホラー小説3選

私は小さい頃からホラー映画や妖怪大百科に始まりホラー小説が大好きでした。人一倍怖がりなのに、どうしてそういう話に魅せられてしまうのかは分かりません。 そんなホラー小説好きな私が、大学生にも、社会人にも、自信を持ってオススメできる。 凄く怖い…

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy