ほんのむし

読書はみんなのサプリ

コミュニティ

人間は欲深い。清濁合わせて人間だということが分かる本3選

良くも悪くも人間って欲の塊なんですね。食欲、性欲、名誉欲、でもそれは決して悪いことではないんですが度を過ぎると大変なことになりますね。そんな3冊を用意しました。 『罪と罰』 罪と罰 (漫F画太郎) コミック 全4巻完結セット (バンチコミックス) 著・…

コミュ障で悩む人におすすめ!内向的な主人公が活躍するおすすめ本3選

「自分はコミュ障だ。」など、自分の内向的な性格に悩むことはありませんか? でも、実際は外交的性格が良いかといったら、一概にそうとも言えない。 今回はそんなコミュ障な内向きな男の子が活躍する本を紹介します。 内向的には内向的の良さがあります。 …

生きづらさは性別のせい?ジェンダーやLGBTについて改めて考えさせられる本3冊

ジェンダーとは単純な動物学的な性別のことではなく、それによる差を意味し、社会から性別によって求められることや抱かれるイメージのことを指します。女性によるジェンダーについての問題提起は数多く見られますが、これは女性だけの問題ではなく性別を持…

転職したい人におすすめ!読書で疑似体験、様々な仕事を覗き見できる本3冊

毎日の仕事に疲れた時、もしかしたら自分にはもっと向いている仕事があるのかもしれない…そんなふうに考えたことはありませんか? でも本気で転職したいわけでもなく、ちょっと軽い気持ちで他の業界を覗き見したい、脳内だけでも違う業種を疑似体験したい…そ…

こどもと一緒に学びたい、ママパパにオススメ本3選

『おふろだいすき』 おふろだいすき (日本傑作絵本シリーズ) 松岡享子 作者の松岡恭子さんは、米国ボルチモア図書館や大阪市の図書館に勤務した経験のある方で、東京子ども図書館の理事長でもあります。名作『とこちゃんはどこ』の作者でもあります。絵は『…

人をもう一度信じたい人におすすめ本3冊

私がオススメしたい本は、大学生の方はもちろんですが、社会人になった人にも、ぜひ読んで欲しいと思います。そして、もう一度純粋な気持ちで人を信じて欲しいと思います。 「十二国記」 月の影 影の海〈上〉―十二国記 (新潮文庫) まず、一冊目は小野不由美…

「ママ友の上下関係、付き合い方」が分からない方へ

今回オススメするのは「ハピネス」という本。 主婦が抱える、ママ友とのコミュニティについて書かれた本。 この本を読んでどう思うのか? それは読者のそれぞれの立場で違うと思います、大学生が読んだら、女子は結婚して子供を持つのが嫌になりそうですし、…

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy