ほんのむし

読書はみんなのサプリ

エンターテインメント

異世界好きにおすすめ!冒険したくなるおすすめマンガ3選

子供の頃の夢はみんなを助けるヒーローだったという方はかなりいるでしょう。でもそういう絵に書いたようなヒーローばかりではなく成り行き上、しかたなくなったという人間味あふれるヒーローもいますよ。 『夢みごこち』 夢みごこち 著・フジモトマサル夢か…

大人におすすめ。主人公に感情移入できる青春・冒険本6選

冒険小説を読んで物語の主人公に感情移入してしまうことはあるでしょう。この6冊は感情移入にピッタリの本ですよ。 『極北』 極北 著・マーセルセロー英国作家が描き出すハードボイルドな世界の終わりです。ロシア領の一端に取り残されていた空白地。極北の…

無人島でサバイバル!無人島生活がテーマの小説本おすすめ3選

ある日突然、ひょんなことから無人島へ流されてしまったら。自分で望んだ冒険ならいざしらず、不慮のできごとで無人島に漂着してしまったら大変ですよね。しかし、このようなシチュエーションを想像するのはエキサイティングなことで、これまでにも無人島ネ…

ワクワクが止まらない!冒険小説おすすめ3選

本の世界には、古代神話の時代から数々の冒険譚が収められてきました。ここ日本でも、古くはスサノオノミコトやヤマトタケルの物語から、近年大人気の異世界転生ものまで、数々の作品で冒険が物語られています。今回はそんな冒険譚の中から、独断と偏見で選…

ゲーム好きに絶対読んで欲しい!おすすめ本3選

『ニンテンドー・イン・アメリカ 世界を制した驚異の想像力』 ニンテンドー・イン・アメリカ: 世界を制した驚異の創造力 ジェフ・ライアン 三代目社長にして現在の任天堂を作った山内溥、「枯れた技術の水平思考」という任天堂の思想を作った技術者横井軍平…

男性向け、あまり大っぴらに言えないノウハウ本

『ポルノ雑誌の昭和史』 ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書) 川本耕次 タイトルのポルノ雑誌とは単なるエロ本ではありません。一般の書店を通さない販売ルートで売られていた本です。本屋を通さないと聞くと怪しい雰囲気がプンプン臭うかもしれませんが、別に…

日本のおすすめ名作クラシックミステリー本4選

かなり昔、ミステリーは一部のちょっと変わった人が好む特殊な小説という雰囲気がありました。特に本格推理小説の分野は長く低迷期が続きましたが、1980年代後半から、新本格の旗手たちによって意欲的な作品が続々と生まれ、本格ミステリーは今も根強い…

ホラーの巨匠、スティーブンキングおすすめ本ベスト3

「ミザリー」、「ペットセマタリー」と様々な作品が映画化、ドラマ化されているので普段あまり本を読まない大学生、社会人でも知っている人が多いのではないでしょうか。 最近だと「IT」が大ヒットしていますね。 そんなホラーの巨匠とも呼ばれるスティーブ…

【虫好きおすすめ】魅惑的な昆虫、虫の世界にハマりたい人向け本3冊

『寄生虫のはなし』 寄生虫のはなし わたしたちの近くにいる驚異の生き物たち ユージーン・H・カプラン 夢中になってワクワクしながら読める本というものは少ないのですが、この本は是非とも読んでほしいワクワク本です。アメリカの大学の寄生虫学の講義内容…

ファンタジー小説「神様のいない日曜日」シリーズが今面白い。

私がオススメする本は入江君人さんのライトノベル「神様のいない日曜日」です。富士見書房で発売されており、ジャンルはファンタジーです。このシリーズは全9巻で構成されています。その中で第1巻、2巻、3巻の紹介をまとめさせていただきます。 神さまのいな…

妖怪に興味を持った時に読んで欲しい、おすすめ妖怪本

日本の妖怪は優しく、ユニークで心優しい子どもたちの友達。水木しげるさんの描く漫画や、アニメ「妖怪ウォッチ」のブームもあり、妖怪好きの子どもたちが多いのではないでしょうか。 今回は、夏休みの読書感想文としても読めそうなワクワクする可愛い妖怪た…

サーカスの世界を描いたオススメ本4選

異国情緒あふれる華やかな舞台。アクロバティックな芸や珍しい動物たち。 情熱あふれるスペシャルなイベント、サーカス。 にぎやかな雰囲気とは裏腹に町から町への渡り歩く旅芸人の姿や一度きりしか観れないかもという、どことなく漂う孤独感が共存している…

音楽好きにおすすめ!ロッキングオン出版のミュージシャンの本三選

普段何げなく流れ、耳にしている音楽。その音楽を作っているアーティストが一体どんな人物なのか、どんな気持ちでその音楽を作ったのか、考えてみた事はありますか?インターネットや雑誌でのインタビューを読まない限り、なかなかその思いに触れる機会はあ…

落語をもっと知りたい人におすすめ本3選

最近にわかにブームになっている落語。 落語に触れる機会は笑点しかないという方もいらっしゃるかもしれませんが、今では寄席でも落研サークルの大学生など若い人が多くなっています。ここでは、もっと落語を知るための本を紹介いたします。 「赤めだか」 赤…

抱腹絶倒、絶対笑えるおすすめシリーズ本はこれ!

抱腹絶倒間違い無し! 笑える、そして面白いのダブルで超・オススメしたい本として黒川博行先生の疫病神シリーズを紹介したいです。 シリーズは一作目から順に、1.疫病神 2.国境 3.暗礁 4.螻蛄 5.破門 6.喧嘩 の現在6作出版されています。 疫病…

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy