ほんのむし

読書はみんなのサプリ

おもしろい

ニッチなマイナー旅行に行きたい人へ、おすすめ本3選

旅行に行くと思い立ったときにまず手にとるのはどんな本でしょうか。実際に行く場所、目的が決まっているときは具体的なガイド本でしょうがどこかに行きたいな〜って漠然に思っているときは、こんな本はいかがでしょうか。 『深夜特急』 深夜特急〈1〉香港・…

オタク女子におすすめ!何かに夢中な女性が主人公のおすすめ本3選

オタクと言えば男のことを想像しますが、女の子のオタクもかなりいます。というよりもすべての人は、なにかしらハマってることがあるので全員オタクとも言えるかもしれませえん。そんななにか一つのことをトコトンまで追求している作品を紹介します。 『パン…

大人におすすめ。主人公に感情移入できる青春・冒険本6選

冒険小説を読んで物語の主人公に感情移入してしまうことはあるでしょう。この6冊は感情移入にピッタリの本ですよ。 『極北』 極北 著・マーセルセロー英国作家が描き出すハードボイルドな世界の終わりです。ロシア領の一端に取り残されていた空白地。極北の…

食いしん坊万歳!おすすめ食エッセイ3選

周りの人は普段どんなものを食べてるんだろう? そんなことを気にしたことはありませんか。今回紹介する本は、特に食べることには拘った著者たちが綴った名作です。 『貧乏サヴァラン』 貧乏サヴァラン (ちくま文庫) 著・森茉莉文豪森鴎外の長女である著者が…

パンク好きに読んでほしい、おすすめ本3選

今、思い出してみれば学生時代はなんであんなにバカをやったんだろう。そんなこともしばしば。今も昔もパンクなあなたに読んで欲しいおすすめ本3冊紹介。 『完全パンクマニュアル』 完全パンクマニュアル はじめてのセックス・ピストルズ デストロイ・エディ…

「名前だけは知ってるけど読んだことのない」おすすめ名作本3選

学生時代、子供時代には小説に触れることがなかった人も大人になったからこそ良さが分かるかもしれません。そんな名作を3冊ご紹介します。 『新編 宮沢賢治詩集』 新編宮沢賢治詩集 (新潮文庫) 著・宮沢賢治宮沢賢治の生前に出版された唯一の心象スケッチで…

ショートショートだけじゃない! 星新一の作品3選

去年没後20年を迎えた星新一。読みやすい文体と意表をつくストーリー展開が魅力の作家でもあります。また、ショートショート(短編よりさらに短い小説)の草分けとしても知られ、SFを中心に1000編を越える作品を書いた巨匠でもあります。今回はそんな星新一…

SFに馴染みのない人でも読みやすい、時間SF小説のおすすめ3選

あなたは時間旅行が出来たら何をしたいですか? 誰しも一度くらいは時間旅行について空想をしてワクワクした経験があると思います。 小説の世界でも時間旅行を扱った作品がたくさん作られています。例えばH・G・ウェルズが『タイムマシン』を書いたのは、今…

これぞプロの本気!その道のプロの仕事を読んで楽しめる本3選

ネットを使って誰でも手軽に情報が得られる今、私達は専門分野でなくても出来ることが増えました。しかし世の中にはその道のプロというものが存在し、プロとしての長年の知識や経験がないと出来ないことがあるのも事実です。 そんなプロの仕事ぶりを本で読ん…

「面白い本を読んで笑いたい!」そんなあなたへ、おすすめ本3選

たまには本を読んで笑ってみたい、そういう願望を叶えてくれる3冊をご紹介します。笑うと気持ちがスッキリしますからね。 『言いまつがい』 言いまつがい (新潮文庫) 著・糸井重里ほぼ日刊イトイ新聞の読者から応募や投稿によって集められた、ちょっと恥ずか…

前に進みたい、成長したい人におすすめしたい本3選

人が成長するきっかけって人それぞれですね。人生の中でどのタイミングで、それはやってくるかわからないしもしかしたら、もう過ぎてしまっているかもしれない。そんな人生の岐路を描いた3冊をご紹介します。 『あしたのジョー』 あしたのジョー 文庫版 コ…

「知らない世界を知りたい!」という人におすすめ本

普段、自分の興味のない世界に触れることであらたな自分を発見することはあるものです。たまに、そんな自分に油を挿すというか、脳の使っていない領域を働かせるのもいいもんですよ。 『おじさん図鑑』 おじさん図鑑 著・なかむらるみ長年社会をわたり歩いて…

【女性が主役】王宮が舞台のおすすめ小説3選

今回オススメさせて頂きたい本は全て女性が主役の小説で、また舞台も王宮という共通点があります。 「王宮」「女性」なんてキーワードを聞くとなんだか華やかな世界を想像しますよね。 でも、今回ご紹介させていただく三作品は一筋縄ではいかない物語たちで…

「暗号とは何か?」その仕組みや歴史が分かるおすすめ本

暗号解読 上巻・下巻 著者:サイモン シン(サイエンスライター) 訳者:青木 薫 どういう本か 本書はケンブリッジ大学で物理学の博士号を取得しているサイエンスライターであるサイモン シンの著作です。 同氏は大学院卒業後、ジュネーブの研究所で勤務し、英…

飛行機好きにおすすめシリーズ本、「リリアとトレイズ」

私は時雨沢恵一さんのライトノベル、「リリアとトレイズ」シリーズの本ををご紹介させていただきます。 持ち運ぶにも楽な文庫本なので社会人の方や大学生の方などもすきま時間などでも十分楽しめると思います。 「リリアとトレイズ」シリーズ リリアとトレイ…

一度は読んでおきたい「坂の上の雲」

大学生や社会人だけでなくすべての日本人におすすめする本は「坂の上の雲」です。全部で8冊もあるので、その存在を知っていても、知人におすすめされていても中々手に取らなかった本ではあります。 でも一度は読んでおきたいと思って実は昨年やっと長年読も…

絶対に数学が好きになる!数学が嫌いな人に読んで欲しいおすすめ本

大学生や社会人になって「数学を勉強しておけばよかった。」「中学、高校の頃、習ったれど理解ができなかった。」と思うことはありませんか。 しかし今から、一から勉強するのは面倒ですよね。 『浜村渚の計算ノート』 浜村渚の計算ノート (講談社文庫) そこ…

電車はなぜ眠くなるか、年収と住所の関係などが分かる、おすすめ豆知識本

『世界が認めたニッポンの居眠り 通勤電車のウトウトにも意味があった!』 世界が認めたニッポンの居眠り 通勤電車のウトウトにも意味があった! ブリギッテ・シテーガ ヨーロッパでも通勤客や長距離旅行者が車内で眠ることはあるが、座ってようと立っていよ…

伊坂幸太郎おすすめ本4選

伏線回収が特徴ともいえる伊坂幸太郎さんですが、今回は登場人物が魅力的な作品を選んでみました。 1.死神の浮力 死神の浮力 (文春文庫) 愛娘を殺され、復讐を企てる夫婦のもとに死神、「千葉」が現れます。死神は余命の近くなった人間に近づき、可か不可か…

イヤミス好きにおすすめ本、衝撃のラストに戦慄!

「みんな邪魔」 みんな邪魔 (幻冬舎文庫) 真梨幸子イヤミス作家で有名な真梨幸子さんの作品です。私が真梨幸子さんにハマったきっかけの本なのですが、とにかく登場人物の心理描写がある意味でグロテスクなくらいリアルです。 読んでいる内に、ああ、こうい…

ゲーム好きに絶対読んで欲しい!おすすめ本3選

『ニンテンドー・イン・アメリカ 世界を制した驚異の想像力』 ニンテンドー・イン・アメリカ: 世界を制した驚異の創造力 ジェフ・ライアン 三代目社長にして現在の任天堂を作った山内溥、「枯れた技術の水平思考」という任天堂の思想を作った技術者横井軍平…

読んでいるだけで専門的な知識が身につく!おすすめマンガ3選

みなさんはどんなマンガがお好きですか?少年マンガ、少女マンガ、いろいろなジャンルのマンガがありますが、ここではよくそこまで調べたな……と開いた口がふさがらないくらい、緻密な内容が書かれたマンガをご紹介します。 個人主義が叫ばれる昨今、大学生な…

人生についてもっと深く考えてみたい人におすすめ本

『脳と創造性「この私」というクオリアへ』 脳と創造性 「この私」というクオリアへ 茂木健一郎 脳が動きを止めたら死であるとされているにもかかわらず、普段私たちはそれほど意識することがないですね。もちろん、この私という意識も、新しいものを生み出…

歴女も、そうでない人も!女性におすすめの歴史小説♪

「いつも同じジャンルのものばかり…」「読み応えがある本が読みたい!」話題の本を読むのもいいですが、たまには別のジャンルにもチャレンジしてみたいと思うことはありませんか。「歴史小説」というと、どうしても堅苦しいイメージがありますよね?今回は歴…

児童書「デルトラクエスト」シリーズが今おすすめ

私がオススメする本はエミリーロッタ作の児童書、「デルトラクエスト」シリーズです。8巻からなる第1シリーズ、3巻からなる第2シリーズ、4巻からなる第3シリーズで構成されています。大学生や社会人の方にも是非読んでほしいです。この中から第1シリーズよ…

日本のおすすめ名作クラシックミステリー本4選

かなり昔、ミステリーは一部のちょっと変わった人が好む特殊な小説という雰囲気がありました。特に本格推理小説の分野は長く低迷期が続きましたが、1980年代後半から、新本格の旗手たちによって意欲的な作品が続々と生まれ、本格ミステリーは今も根強い…

ホラーの巨匠、スティーブンキングおすすめ本ベスト3

「ミザリー」、「ペットセマタリー」と様々な作品が映画化、ドラマ化されているので普段あまり本を読まない大学生、社会人でも知っている人が多いのではないでしょうか。 最近だと「IT」が大ヒットしていますね。 そんなホラーの巨匠とも呼ばれるスティーブ…

ライトノベル「キーリ」シリーズがおすすめ

私がオススメする本は壁井ユカコさんのライトノベル「キーリ」シリーズです。「キーリ 死者たちは荒野に眠る」「キーリ2 砂の上の白い航跡」「キーリ3 惑星へ往く囚人たち」「キーリ4 長い夜は深淵のほとりで」「キーリ5 はじまりの白日の庭(上)」「キー…

ガーデニングがやりたくなる、オススメの本

魅惑のガーデンの世界へ。 庭。自分だけの特別な場所。季節の花々に囲まれて、お茶を楽しんだり、読書をしたり。そんな生活に憧れます。 現実的には日々の手入れが大変で、プランターで植物を育てる程度しかできない方や草花に癒しを感じる方におすすめの本…

芸術家、クリエイターに憧れたときに読みたいおすすめ本

私は、芸術家や職人さんなど「ゼロから何かを作り出す人」に憧れます。繊細な感覚と研ぎ澄まされた斬新的センスがないと何かを作り出すことはできません。 今回は芸術家になりたい、憧れを抱く方や「生みの苦労」真っ最中の方におすすめの小説を紹介いたしま…

Copyright © ほんのむし All Rights Reserved.

Privacy Policy